地域でのクラウドファンディングの活用を応援!FAAVO宮崎が年間3,000万円突破

自分が企画したプロジェクトに対して、多数の支援者を募るクラウドファンディング。熱い想いがあったとしても、自ら活用することは、まだまだハードルが高いと思われがちです。

今回は、クラウドファンディングを地域でもっと活用してもらおうという動きをご紹介します。

地域に特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO」を運営する株式会社サーチフィールドは、2018年1月現在で全国76エリアと連携しています。

その中でも成果を挙げているのが、宮崎県です。

2017年1月に宮崎県にサテライトオフィス「WAKAKUSA Office 」を開設し、クラウドファンディングの活用を推進しています。

WAKAKUSA OfficeではFAAVOの宮崎県版「FAAVO宮崎」を運営し、2017年には42件のプロジェクトを実施。合計3,114万円の資金調達を実現しました。この数字は全国で展開するFAAVOの中で、最大規模となります。

なぜこのような成果が出たかとおうと、開設したサテライトオフィスを拠点にして、エリアパートナーの協同や相談会、イベント企画等、積極的に地域に入り込んで推進してきたためです。

エリアパートナーは全国で引き続き募集中。

自分の地域でクラウドファンディングの動きを広めたい、という方はぜひ問い合わせてみてください。

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000027837.html


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!