移住増加の要因は相談窓口?! 職員による丁寧な対応が決め手に

田舎暮らしや仕事を体験する「お試し移住事業」開始

福島県相相双(そうそう)地域では、平成29年4月より「そうそうでくらそう」をテーマに「トライアルステイ事業」の実施を開始した。

この「トライアルステイ事業」では、お試しの住宅を借りることができ、田舎での暮らしや就業体験、さらには地域交流を行うことができる。トライアルステイ期間は原則として、2日間から1ヶ月間までとなっており、このトライアルステイ期間中は、企業等への就業体験を必須としている。

過去トライアルステイに参加した方からは、就業体験への感想はもちろん、特に地域交流や自然の豊かさに対する満足の声が多く上がっており、みなさんとても充実したトライアルステイを行っていたことが伺える。

引用先:https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32011c/sousoutrial.html

新たなふるさとを求めるあなたへ。
定期的に地域のお便りを送ります。
LINE@に登録して下さった方にだけ
お届けする特別な情報も!
これからもふるさとの応援をお願いします。