“循環するライフスタイル”をテーマにしたプログラムを盛り込んだフェスティバル「ヒダクマ秋祭り」岐阜県飛騨古川町の森と町で開催!

「今年で3回目になるヒダクマ秋祭り」

ー素材の源泉である森、その恵みを頂いて暮らしを営む町。

森と町をつないで、ひとも素材も生活も、循環できるライフスタイル ー

そんなことを想起できるようなプログラムを盛り込んだ2日間のフェスティバルが飛騨古川で開催されます。

 

人も素材も生活も、“循環するライフスタイル”をテーマにしたプログラムを盛り込んだフェスティバルが、10月21日(土)・22日(日)に岐阜県飛騨古川町の森と町で行われます。

飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)は、木の可能性、森の可能性、地域の可能性、脈々と継承されてきた日本人の暮らしの可能性。

そんなありふれた日常に潜む大きな可能性から、新しい価値を生み出すことに挑戦している会社。

今回で第3回目となる「ヒダクマ秋祭り2017」を開催します。

今年のテーマ「森と町をつなぐ」をもとに、3ステージ全23のプログラムの内容となっている。

「木のスプーン」

森ステージでは、採取した広葉樹の枝で自分の手や暮らしに合うスプーンを制作。

飛騨の森の恵みや食材を使用した晩餐会では、素材の味を楽しみながら特別な夜を過ごすことができる。

自らの感性を自由に表現する撮影ワークショップやアウトドアサウナ、アートキャンプといった、日常ではなかなか体験できないプログラムばかり。

トークセッションのほかドリップコーヒーワークショップ、薪割り体験などを、自然豊かな飛騨市古川町の森ならではの内容です。

他にも、映画上映のほか、「建築家と一緒につくる飛騨の天然木スツール」や「ヒダクマ木の暮らしの道具店」による限定ポップアップショップも。

飛騨古川の町にある図書館や店舗がおもてなしする飛騨市古川町ステージでは、薬草ティーセレモニーや葛の花づくりの他、森で拾ったどんぐりと図書館の本を交換する「きになる本」が飛騨市図書館で行われる。

どんぐりと本の交換なんて、まるで絵本の中の話のよう。

家族はもちろん恋人でも循環ツアーができそうな2日間。

「鯉が泳ぐ飛騨古川」

このフェスティバルを通じて、自然と共に歩む、自然の声に耳を傾けながら暮らして行けるリズムを引き戻してみませんか?

都心の生活にも満足してはいるけれど、森や自然の恵みを感じる生活に憧れはないでしょうか。

そして、過ごしやすい秋の思い出に、自然に耳を傾ける時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

引用先:https://www.roomie.jp/2017/10/402239/

==============================

関連記事

 みかん農家でトライアルステイ?!

自然の中で働きながら暮らしてみませんか?

==============================

最新情報をピックアップしてお届けするメールマガジンを無料配信中!

お申し込みはこちら

==============================