「二拠点生活・ワーケーション」を実現。経験から語られる、その難しさとは……!

時代の「多様化」が数年前から話題に上がり、その中でも一際目立ったのが、“働き方” ではないでしょうか。特に最近注目されているのは、複数の住まいを持つ「二拠点生活」や「ワーケーション」。

「二拠点生活」は、複数の拠点を行き来することで、生活をより充実させようという暮らし方です。たとえば平日は東京で過ごし、週末を地方で過ごすなど。「ワーケーション」は、ワークとバケーションを合わせた造語で、リゾート地などの環境で仕事を行うことを指します。

近年こうした “働き方” を選択する人が増えている一方、憧れはあっても、実現には至らない方も多くいらっしゃると聞きます。

そこで今回、茨城県が実施した「トライアル移住・二地域居住」に参加している株式会社CRAZY吉田有希さんのインタビュー記事をご紹介します。

吉田有希さんのインタビュー記事はこちら

何げない日常の丁寧な暮らしが、私たち都会で暮らす人にとっては非日常で、とても愛おしいと感じました。

インタビュー記事内でそう語る有希さんは、LOCAL LETTERでも、茨城県での生活をご自身の言葉で発信してくれています。二拠点生活をしてみたからこそ気づいた発見や、感じたことが、赤裸々に綴られていますよ。

吉田有希さんの体験談はこちら

株式会社CRAZYでは、吉田有希さんの他にも「トライアル移住・二地域居住」に参加しているメンバーが3人います。LOCAL LETTERでは、バックグラウンドや仕事内容の異なる3人の体験談を随時発信しております。こちらもぜひご覧ください。

「トライアル移住・二地域居住」の体験談はこちら


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!