旅先で自分好みの情報が簡単に手に入る!?おでかけSNS「Deaps」が町おこし支援を開始!

 

今の時代どこにお出かけするにもまずはSNSなどで調べていかれる方が多いと思います。例えばその地域のおいしい食だったりおしゃれなカフェだったり。そんなSNSを活用した取り組みが浅草で試験的に開催されました。

AIおでかけSNS「Deaps」は今秋より、自治体や観光協会、地域団体に向け、街おこし支援を開始し、この度初支援となった浅草・奥浅草で開催された「革とモノづくりの祭典」(2017 年10 月20 日(金)~ 10 月22 日(日)開催)の結果報告会が2017 年11 月29 日(水)に開催されました。

今回開催されたイベントは、奥浅草と呼ばれ、古くから革製品の町工場や問屋が集積した日本有数の革職人が集まるエリア。浅草がある台東区は、観光客数が京都に次いで2 番目に多いのですが、その多くが浅草寺などの定番スポットに集中しています。

奥浅草の方々には「奥浅草の魅力をもっと伝えたい」「奥浅草まで足を伸ばしてもらえるようにしたい」という強い想いがありました。また、今回連携した「革とモノづくりの祭典」(年2 回開催)はエリア全体の広域イベントのため、来場者が効率的に迷わず回ることも課題にありました。

Deapsはユーザー投稿型のおでかけSNSで、投稿されたスポット情報やリアクション等から、AI(人工知能)がユーザーの趣味嗜好を深く学習し、その人に合ったスポットやプランをおすすめします。その他にも、QRコードを使用した紙面とモバイルの連携機能を標準搭載しており、今回、奥浅草のイベント「革とモノづくりの祭典」では同機能を活用し、初の街おこし支援サービスを開始しました。

公式ガイドブックに掲載されている、おすすめコースやマップにDeapsのQRコードを連携させ、QRコードを読み取ることで、即時にモバイルから、おすすめコースの詳細情報にアクセス、現在地からのルート案内を可能にし、従来の紙のガイドブックだけでは伝わりきらない情報と、迷わず隅々まで回れるガイド機能で、エリア全体の魅力がより深く伝わるようにしました。

また、イベント連携時において、イベントの情報だけではなく、日頃からオープンなSNSに蓄積された、地域、ユーザー双方が投稿したニッチで希少なエリアの深い情報まで伝えることが可能です。さらに標準搭載されたルート検索等のガイド機能が、エリアの回遊を容易にします。

今後は、AIの強化により、潜在的にそのイベントに興味のあるユーザー、例えば今回の「革とモノづくりの祭典」であれば「革好き」「クラフト好き」などのユーザーに情報を届け、必要な時に必要な情報(場所、時間、パーソナリティーに応じて)を届けるサービスを、AIを活用して実現していきます。

報告会では、実行委員長が次のように述べました。

簡単にイベント情報を取り込み、楽しみながらスムーズに街歩きしてもらえる、他にはない新しい施策でした。これまで伝えきれなかった奥深いエリアの魅力を楽しんで頂けたと思います。

また参加店舗の方々からも以下のような声が多数上がり、大いに盛り上がりました。

新しい試みとして、今後も継続していきたい。

今やSNSでどんな情報でも知ることができます。そんな情報社会の中でも自分だけにあった情報を知ることが出来ると時間を有効に使えるので良いですね。

 

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000029556.html

 


 

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!