外国人フォロワー350万人以上、とある地域が行う「認知度の向上方法」とは。

年々、増加傾向にある外国人旅行者。2020年東京五輪を控え、各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいる中、SNSで膨大なフォロワー数を獲得している企業と連携し、地域の認知度を向上させようとしている地域がありました。

以下、株式会社DMoXのプレスリリースよりご紹介いたします。


メディア運営、マーケティングリサーチなどを行う株式会社DMoX(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:森田大輔)は12月26日、兵庫県三木市と連携協定を結び、外国人向けに日本の地域文化や魅力を発信するFacebookページ「JAPAN OLD」、WEBサイトhttp://japanold.com/で、三木市の地域資源である「金物」、「酒米山田錦」、「ゴルフ場」などの写真や動画を活用し世界に発信することで三木市のブランディング化に取り組みます。

Japan OLDイメージJapan OLDイメージ

【連携協定による効果】
2016年の訪日外国人数は、2,403万人となり、政府は2020年に訪日外国人観光客数4,000万人、2030年には6,000万人を目標とし、「観光先進国」を目指しています。
そのビジョンを実現させるため、各自治体と連携協定を結び、日本の素晴らしい地域文化(食・産業・建造物・芸術等)を外国人に発信し、日本の魅力に触れる機会をつくり、地域経済の発展に寄与するメディアが株式会社DMoXが運営する「JAPAN OLD」です。またアクセスされた様々なデータの分析を行い、各自治体の観光マーケティング(KKO※「勘」と「経験」と「思い込み」からの脱却)をサポートします。 

【連携協定を結ぶ三木市の目的】
三木市では、平成28年度に兵庫県で開催されたIWC(インターナショナルワインチャレンジ)に訪れた外国人が三木市で田植え体験をする動画を配信するなど、国内はもとより海外に向けても市の認知度向上策に取り組んできました。
三木市の魅力を「JAPAN OLD」で発信することによって、さらなる 認知度向上を実現させます。あわせて外国人の興味やニーズを把握することにより、ニーズを反映した三木市のインバウンド戦略につなげていきます。

外国人の田植え体験/三木市外国人の田植え体験/三木市

「JAPAN OLD」Facebookページ
https://www.facebook.com/japan.old/

情報提供元:株式会社DMoX / プレスリリース(2017年12月26日配信記事)

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!

新たなふるさとを求めるあなたへ。
定期的に地域のお便りを送ります。
LINE@に登録して下さった方にだけ
お届けする特別な情報も!
これからもふるさとの応援をお願いします。