外国人フォロワー350万人以上、とある地域が行う「認知度の向上方法」とは。

 

年々、増加傾向にある外国人旅行者。2020年東京五輪を控え、各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいる中、SNSで膨大なフォロワー数を獲得している企業と連携し、地域の認知度を向上させようとしている地域がありました。

兵庫県三木(みき)市は、2017年12月26日(火)、メディア運営やマーケティングリサーチなどを行う株式会社DMoXと連携協定を結び、同社が運営している外国人向けに日本の地域文化や魅力を発信するFacebook「JAPAN OLD」とWEBサイトを活用することで、三木市のブランディング化に取り組んでいます。

Facebook「JAPAN OLD」はこちら
WEBサイトはこちら

外国人の田植え体験 / 三木市公式ページより
外国人の田植え体験 / 三木市公式ページより

三木市は、以前より独自のサイトから地域の情報を積極的に発信しており、国内はもとより海外に向けても市の認知度向上策を行っていました。今回、三木市の魅力を外国人フォロワー350万人以上を有する「JAPAN OLD」で発信することによって、三木市のさらなる認知度向上が実現できるのではないかと期待されています。なお、認知度の向上とあわせて、外国人の興味やニーズをしっかりと把握していくことで、ニーズを反映した三木市のインバウンド戦略にも繋げていきたい考えです。

2016年の訪日外国人数は、2,403万人。現在、政府は2020年に訪日外国人観光客数4,000万人、2030年には6,000万人を目標に掲げ、「観光先進国」を目指しています。インバウンドに積極的な三木市と、メディア運営・マーケティングリサーチのノウハウを持つ株式会社DMoXが今後どのように、三木市を発展させていくのか、注目が高まります。

Facebook「JAPAN OLD」はこちら
WEBサイトはこちら

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000029810.html


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!