地域密着型のバリアフリーなコワーキングスペースが誕生。地域に根ざす取り組みとは?|神奈川県鎌倉市

近年、働き方の多様性が大きく注目されており、そんな流れから「コワーキングスペース」を設置する地域がかなり増えてきたように感じます。

中でも地方都市にあるコワーキングスペースの利用者が以前までは、フリーランサーが大部分を占めていたところから、現在では大手企業もリモートワークを導入していることから、コワーキングスペースを活用する方が増えてきています。

引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。)
引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。

そんな中、今回新たにバリアフリーなコワーキングスペース「NEKTON OFUNA」が神奈川県鎌倉市にある大船駅前に誕生します。数あるコワーキングスペースの中でも誰もが自由に使える空間として段差をなくすことはもちろん、エレベーターの設置や、動線スペースを広く取るなど工夫が行われます。

引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。)
引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。

今回「NEKTON OFUNA」を創るのは、湘南・鎌倉エリアをメインに多くの地域密着型イベントを企画・運営してきた安 光太郎さん(株式会社ネスパ)と三浦 悠介さん(株式会社フジマニパブリッシング)。この地域に関わってきた2人だからこそ、この場所が持つ地域のパワーを誰よりも実感し、そのパワーが終結することでさらにパワーが発揮されると確信を持っています。そこで今回は、都心への「起点」となる大船駅前に「NEKTON OFUNA」を創ります。

引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。)
引用先:CAMPFIRE(大船エリア・初!「地域密着型」 コワーキングスペースを創りたい。

なお、バリアフリー以外にも一般の方でも利用できる会議室の貸し出しや、住所利用や貸しポストの提供、固定席や占有ロッカーまで完備しており、様々なニーズの方が利用できる空間を目指します。

現在安さんと三浦さんはクラウドファンディングを実施中です。ぜひ詳細ページを覗いてみてくださいね。

\NEKTON OFUNAの詳細はこちら

これからもふるさとの応援をお願いします。