かつての1.2 年生の教室。現在は本屋さんに

地方で公務員・家業を継ぐ以外の選択を!一児の父が旧小学校を改修し、カフェの開業へ

和歌山県新宮市には、旧九重小学校を改修したカフェと本屋とパン屋「book cafe kuju」があります。

地方で公務員・家業を継ぐ以外の選択を!一児の父が旧小学校を改修し、カフェの開業へ

(この記事は、メディアパートナーである「和歌山・三重・奈良の求人サイトKii( http://kii3.com/kuju/ )」の取材記事をもとに作成しました)

kujuには、“ 正社員 ” がいません。みんなそれぞれが仕事をかけもちしています。僕も、家庭教師との二足のわらじなんです。

そう話すのは「book cafe kuju」のオーナーで、一児のパパでもある柴田哲弥さん。

「book cafe kuju」のオーナー、柴田哲弥さん。
「book cafe kuju」のオーナー、柴田哲弥さん。

かけもちのはたらきかたが、僕はしっくり来ていて。好きなんですよ。家庭教師は、人の紹介で頼まれたときに、受けさせてもらっています。

33 歳になっても “就職” してないでしょ。周りからはもう、さんざん言われますよ。“就職しろ” “何してんの” “身をかためろ” … ようは『ちゃんとしろ』ってね(笑)

オープン当時は、カフェの売り上げだけでは食べていけない…という事情もあったのが正直なところ。しかし「book cafe kuju」がオープンして3 年が経った現在では、カフェの売り上げだけでも、生計を立てられるようになっている。それでも柴田さんは “ ある想い ” を持って「カフェオーナー」と「塾講師」の “ かけもち ” のスタイルを続けている。

地方育ちの同世代も感じることじゃないか、と思うんです。公務員になるか、家業を継ぐ以外、就職先の選択肢はけっこう限られる。

なにより僕自身、未来を描けない感じがしたんです。僕みたいな生きかたは、大きく稼げるわけでもないんですけど…同じ熊野に住んでて『こういう生きかたもある』ことは、声をあげたくて。

柴田さんは和歌山市生まれの33 歳。学生時代から新宮市に通っており、2011 年4 月に新宮市に引っ越してきた。柴田さんが引っ越したその半年後、紀伊半島を豪雨災害が襲った。

復旧の手伝いに行った九重地区で、浸水した旧小学校を解体すると聞いたんです。こんないい建物が壊されるんや、もったいないな。誰もやらへんのや、俺やるかと思ったんです。

旧小学校にカフェをオープンするということに地元の住民の3 分の1 以上が反対をしていた。しかしそれでも柴田さんは、住民向けにカフェメニューの試食会を開いたり、九重地区の盆踊り大会を再開したりと活動を行い、一つひとつ丁寧に住民との信頼関係を築いていった。そして2013年11月に「book cafe kuju」のオープンを実現させたのだ。

地方で公務員・家業を継ぐ以外の選択を!一児の父が旧小学校を改修し、カフェの開業へ

旧小学校を “ブックカフェ“ として生まれ変わらせたのにも理由があった。

家でTVが話し相手になっていた九重のおじいちゃんおばあちゃんも、移住してくる人も、地元の若い世代も、集まれる場所があったらいいかなと思ったんです。

本屋併設のブックカフェにしたのは、周辺に本を買う場所がなかったから。知人づてに京都でガケ書房(現・ホホホ座)を営んでいた山下賢二さんに打診したところ、おもしろそうやなと、出店してもらうことになったんです。

かつての1.2 年生の教室。現在は本屋さんに
かつての1.2 年生の教室。現在は本屋さんに

飲食店での経験が全くなかった柴田さんは、ブックカフェをオープンさせると決めてから、一つひとつ手探りで進んでいく毎日を過ごしたそう。

自分がブックカフェをやるなんて思ってもいなかった。はじめはインターネットや本を読んで、コーヒーのことも勉強していって。

生の豆を仕入れ、自ら焙煎するコーヒー
生の豆を仕入れ、自ら焙煎するコーヒー

フードメニューは、旧給食室に入っている「パン むぎとし」を運営している林さんご夫婦と共に考えた。

林さんご夫婦は、ずっとパンづくりの道を追い求めています。小麦の栽培から取り組んで、天然酵母のパンをつくるパン。僕は神の舌を持つパン職人と思ってて。そこに、できるかぎり地元産の食材と組み合わせて、サンドイッチを提供しています。

2013年11月のオープン以来、「book cafe kuju」にはTVを見て過ごすことの多かった九重地区のおばあちゃんや、新宮市街から訪れる家族連れ、熊野三山をめぐるツーリストや、目の前を流れる北山川で遊ぶ人など、地元と外からのお客さんが半分ずつの割合で訪れており、賑わいをみせているそう。

そして今回「book cafe kuju」では、新たに働く人を募集している。

「book cafe kuju」
「book cafe kuju」

ふしぎとここで働く人って、何か自分ではじめてくんですよ。自分で店をはじめたり、資格を取るための学校に通いだしたり。週に2 日、ここで過ごす時間がきっかけになるのかな。

資格や経験は問わず。もちろん他の仕事とのかけもち歓迎とのこと。

ほんとうに、来てくれる人次第だと思うんです。アルバイトとして基本の仕事をちゃんとやってくれることはとても大切。

その上で、むぎとしさんのパンを今以上に活かして、自分でレシピ開発して、コーヒーの抽出も身につけて、『柴田さんはどっか行っててください!』くらいの人やったら、店をどんどんお任せしていくと思う。そうなれば、もう少し給与を出すことも考えたいです。

地方で公務員・家業を継ぐ以外の選択を!一児の父が旧小学校を改修し、カフェの開業へ

「Uターンのきっかけを探している」、「何か自分ではじめようと準備している」、「柴田さんと働いてみたい」。「book cafe  kuju」では、そんなあなたのことをお待ちしております。少しでも気になった方は、一度柴田さんにご連絡してみてはいかがでしょうか。

また「book cafe  kuju」はその立地はもちろん、コーヒーや自家製パンには地元のお水を使用するなど、地元ならではの 自然 にこだわったカフェ。普段自然の少ない都内で活動している方にとっては、新鮮な場所であると共に、どこか落ち着く場所でもあります。休日には「book cafe  kuju」までパワーをもらいに出かけてみるのもオススメです。

募集要項


【募集職種】
カフェ・本屋スタッフ(アルバイト)

【給与】
時給800円(まかないつき)

【仕事内容】
・カフェの接客調理
・本の販売、在庫確認、掃除

【勤務地】
book cafe  kuju(和歌山県新宮市熊野川町九重315)

【勤務時間】
11:00-17:00 まずは土日・祝日に働いてもらえたらと思います

【応募資格】
経験問いません。レシピを考えるのが好き、おいしいコーヒーを淹れたい、本が好き、雑貨が好き。何か好きなことがある人

【採用人数】
1 名

【応募の流れ】
まずはメールをお願いします!

メディアパートナー和歌山・三重・奈良の求人サイトKii( http://kii3.com/kuju/ )


関連記事

『 みかん農家でトライアルステイ?!自然の中で働きながら暮らしてみませんか? 


 

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!

新たなふるさとを求めるあなたへ。
1日1通、地域のお便りを送ります。
LINE@に登録して下さった方にだけ
お届けする特別な情報も!
これからもふるさとの応援をお願いします。