美味しいパンと美しい映画の魅力的で最高な組み合わせ。そんな時間を鵠沼海岸で過ごせる「シネコヤ」

 

皆さんは、「湘南」と聞くと何をイメージするでしょうか?やはり、江ノ島だったりどこまでも続く海岸線だったり、海のイメージが強いかもしれません。

そんな江ノ島を走る小田急電鉄江ノ島線の鵠沼海岸駅から続く細い商店街の一角に、写真館だった建物をそのまま生かす形で、映画と本とパンの店「シネコヤ」はたたずんでいます。

 

ショーウインドーのある貸本屋


シネコヤの店主竹中さんは次のように語ります。

東京都内でも渋谷などだんだんとミニシアターがなくなっていたので、今までのように大きいホールで映画館を維持していくというのは無理なんだなと思った。

最初はボランティアで手伝っていたNPO(民間非営利団体)が所有する物置のような場所で、月に2回ほど、知り合いを中心に古い映画を見ることから始まった「シネコヤ」ですが、「ちゃんとお店を開くところまでつなげたい」という想いから、竹中さんは自主上映会を主宰するように。鵠沼海岸にあるレンタルスペースを借りて、徐々に回数を増やしながら、映画関係者や常連客らにいつかは常設館を持ちたいと、夢を語り続けました。

こうして4年の助走期間を経て、2017年4月8日、ついに「シネコヤ」がオープン。

ショーウインドーのあるお店がいいなと思って、古い写真館や美容院はチェックしていたが、ここは家賃が高くて無理だなと諦めていた。でもたまたま不動産会社の担当者が映画好きで、こういうことをやりたいと話したら乗ってくれた。大家さんも共感してくださって、何とか借りられました。

本は絶対に並べたいと思い、調べるうちに貸本屋という言葉を見つけたそう。映画館ではないから入場料は取れない。その代わりに「貸本料」として、一般1500円で一日中、本は読み放題、映画も出入り自由、というシステムに。誤算は、貸本屋と言いながら店外に本を持ち出せないこと。著作権の関係で貸し出しは難しいことが分かりました。

 

涙、涙で出てくる共感性


約3千冊の蔵書は、ほとんどが寄贈によるもので、シネコヤのもう一つの売りであるパンも、竹中さんが以前から気に入っていた自家製天然酵母で焼いているパン職人に声をかけ、シネコヤで焼いています。

その世界観はとても楽しいのに、食べ物は全然おいしくないな、という気持ちになるのが嫌なんです。パンは音も出ないし、映画との組み合わせはいいんですよ。

このユニークな空間は全国で注目を集め、問い合わせの電話やメールが相次いでいるという。先日も九州は佐賀県から、まちづくりに生かしたいと行政関連の担当者が視察に訪れました。

ここは映画館ではないけれど、映画館って、街の人たちが集う公共性のある場所だなということを改めて感じています。だからこそ地元の人に長く愛されて通ってもらう場所になっていく必要があると思う。お互いに知らない人たちが映画を見た後、みんな涙、涙で出てきて、言葉を交わしてはいないけど、そこには共感性がある。その空気感がすごく好きで、そういうものを作りたいなという思いはありますね」

映画館と本が組み合わさった魅力的な組み合わせ。是非シネコヤに訪れてみてゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

引用先:http://j.sankeibiz.jp/article/id=2301


 

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!