若者の移住促進を目指す「地方創生プロジェクト」を開始

宮崎県は平成29年9月より若者の移住促進・Uターンを目的とした「ふるさと宮崎ワーキングホリデー」を開始する。

「ふるさと宮崎ワーキングホリデー」は、都市に暮らす若者が一定期間(2週間~1か月間)宮崎県内に滞在し、宮崎県内の農家や企業で働きながら、田舎の暮らしを体験することができるプロジェクト。今年度は宮崎県外に居住している若者の方等を対象に、宮崎県内の17市町村が100名程度を受け入れる予定。

「ふるさと宮崎ワーキングホリデー」では、田舎の暮らしや仕事を体験できるのはもちろん、地域住民と交流の機会があることも大きな魅力の一つ。宮崎県の中山間地では現在高齢化が進んでおり、宮崎県は「将来の移住・Uターンにつなげたい」と意気込んでいる。

引用先:http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_27614.html

これからもふるさとの応援をお願いします。