東京で開催! 長野・信州信濃町の銘酒を片手に、移住セミナーへ参加してみませんか?

長野県・信濃町の銘酒 “松尾” を片手に、移住定住を考えてみませんか?

全国あらゆる地域で、移住や定住の促進に向けた動きが活発になっています。中でも、長野県は移住ポータルサイト楽園信州や、認定NPO法人ふるさと回帰支援センターが運営する「信州に暮らす。楽園信州移住相談センター」など、さまざまな取り組みを積極的に行なっている地域のひとつです。

そんな長野県の信州信濃町の移住セミナーが、2018年3月11日(日)東京・銀座で開催されます。当日はトークゲストに、長野県・信濃町の日本酒 “松尾” を製造している高橋助作酒造店の5代目である、高橋 邦芳さんをお迎えし、美味しいお酒を片手に、交流できるそうですよ。「長野県」「移住」この言葉に少しでも惹かれたら、まずは東京のセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

ココロココ (株式会社ココロマチ) よりご紹介いたします。


3/11 (日) 14:00-17:00 信州信濃町 移住セミナー開催! @銀座NAGANO

長野県北部地域に位置する、信濃町。ナウマン象の化石が発掘されたことでも有名な野尻湖や、黒姫高原や斑尾高原などを有し、自然豊かな町です。冬は特別豪雪地帯に指定されるほど、雪が多い地域でもあり、スキーやスノーボードなどウィンタースポーツを楽しむレジャースポットとしても知られています。

また最近は、都心の子どもたちが雪を体験するツアーや野菜収穫体験ツアー等が開催されたり、都市部との2拠点生活を送られている方がいたりと、町内外との交流も活発に行われています。

今回はそんな雪国・信濃町の暮らしを紐解いていきます。ゲストには、信濃町唯一の酒蔵「高橋助作酒造店」5代目 高橋 邦芳さんをお迎え。1875(明治8)年に創業した歴史ある酒蔵で、代表銘柄の「松尾」は芳醇でコクがあると人気です。

「松尾」がおいしい理由、それは信濃町の冬の寒さが関係しているそう。ぜひ日本酒を通して、信濃町の環境を知っていただきたいと思います。
当日は「松尾」を振舞いますのでお楽しみに!

 

イベント概要


■日時
2018年3月11日(日)14:00~17:00

■場所
銀座NAGANO

■住所
東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 2F

■定員
30名

■参加費
無料

■主催
信濃町

■運営
ココロココ編集部

※Facebookページにて、最新情報発信中!⇒ https://www.facebook.com/events/184935362104712/

トークゲスト


高橋助作酒造店 5代目 高橋 邦芳さん
1875(明治8)年創業、信濃町唯一の酒蔵「高橋助作酒造店」の5代目。代表銘柄は「松尾」。信濃町の荒瀬原地区のお米や戸隠の湧き水を使用した日本酒、黒姫高原牧場のヨーグルトを使ったリキュールなど、地元の資源を活用したお酒づくりに取り組んでいる。

高橋 邦芳さん(高橋助作酒造店 5代目)

タイムスケジュール


2018年3月11日(日)14:00~17:00
13:45 開場
14:00 オープニング
14:20 信濃町ってどんなところ?
14:35 ゲストトーク:高橋助作酒造店 高橋邦芳さん「日本酒“松尾”から見る信濃町の暮らし」
15:00 信濃町ライフトークセッション
15:20 交流会~信濃町暮らしのホントのトコロ~(日本酒「松尾」を味わいながら信濃町住民と交流しましょう)
17:00 終了

 

参加方法


下記のフォームに必要事項をご入力ください。1分程度で完了します。
https://goo.gl/forms/MhwzcPcG56WNhzWu2

お問い合わせ


ココロココ編集部(株式会社ココロマチ内)
TEL:03-64324185/E-mail:cocolococo@cocolomachi.co.jp

 

記事提供:ココロココ (株式会社ココロマチ) イベント


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!

これからもふるさとの応援をお願いします。