オリンピックのサーフィン会場にも選ばれた海岸も近い!一宮町のシェアオフィスで働いてみませんか?

 

東京駅から乗り換え無しの特急でたった1 時間。そこには、2020 東京オリンピックのサーフィンの競技会場である「釣ケ崎海岸」がある千葉県一宮町(いちのみやまち)があります。

今回は、この町にある、この時代ならではの新しい働き方「気楽な二拠点ワーク」を提案するシェアオフィスをご紹介します。

テーマは「Surf & Work」。サーファー向けのシェアオフィス「SUZUMINE」が2017 年7 月よりオープンしました。ふたつの古民家をドッキングしてリノベーションされたこの物件は、オフィスを中心に飲食店舗やチャレンジショップ、キッチンの付いた共用リビングに仮眠室、そしてサーファーには嬉しい、外から直接アクセスできるシャワールームやボードロッカーまで備わっています。賃料も個室オフィス(5室)は、4〜5.5万円/月という価格設定。それに加えて、コワーキングスタイルのフリーデスクも1.5万円/月で利用可能です。

例えば金曜日の夜に電車で到着し、翌朝早起きすれば、朝日を浴びながら、のびのびとサーフィンを楽しめます。波を独り占めできたり、自分のペースで海に入れたりするのも入居者ならではの特権です。波が落ち着いたらSUZUMINEに帰り、ウッドデッキでビール片手に仲間とリラックスした時間を過ごすのもあり。ネット回線やコピー機が整い、すぐに仕事を始められるので、サテライトオフィスとして活用するもよし、むしろここを拠点に必要な日だけ東京に出向くもよし。海を眺め、採れたての魚を食べ、リフレッシュしたら、また新しいアイデアが浮かぶかもしれません。

多様なワークスタイルの中で、個々の価値観で豊かにしていきたいライフスタイル。そのハードルは意外と低いのかもしれません。

以下サイトにて、新作PR動画を公開中!!
[房総R不動産]
「サーフィンと生きる町。ICHINOMIYA」

 

引用先:https://www.roomie.jp/2017/12/407831/

 


 

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!