富士山の麓、箱根町の別荘で「お試し移住」をしてみませんか??

箱根町が今年から移住定住促進の一環で別荘を使った「試住」企画を始めたそうです!
全国さまざまな地域で、活性化のための「移住・定住策」が考えられている中で、関東圏でも有数の自然の豊かさを持ち、新年の箱根駅伝でも有名な箱根町はいったいどんな取り組みを進めているのでしょうか?

「箱根町」

タウンニュース箱根・湯河原・真鶴版 よりご紹介いたします。


箱根町が今年から移住定住促進の一環で別荘を使った「試住」企画を始めた。今年の2月〜3月に第一弾を実施しており、今月9日まで新たに12組を町や不動産会社のホームページで募っている。

箱根町の人口はこの10年で2千人減少し、1万1千人になった。これまで空き家バンクやリフォーム補助を導入したり、ネット上に移住促進のページも開設してきたが、今年度は約900万円の予算を計上して試住を企画した。年明けに試住した4組はいずれも首都圏に住む人たちで、箱根移住には至らなかった。

実施期間は今月28日から来年1月28日までを4期間に分け、仙石原にある民間の別荘に住んでもらう。期間中は先輩移住者との交流や町内ツアーなど、暮らしを体感してもらう企画つき。町側は「できれば全員定住してくれたら。真剣に考えている人に申し込んでほしい」と話している。

 

真鶴の取り組み3組移住に成功


「くらしかる眞鶴」

隣の真鶴町は箱根よりも先行して試住施設「くらしかる真鶴」を整備した=左下。駄菓子屋だった建物をボランティアの手で修繕したものだが、昨年秋から今月までの間に16組が利用する人気ぶり。3組ほど移住したという。

 

記事提供:タウンニュース 2017年10月6日 配信


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!

新たなふるさとを求めるあなたへ。
1日1通、地域のお便りを送ります。
LINE@に登録して下さった方にだけ
お届けする特別な情報も!
これからもふるさとの応援をお願いします。