古民家へお試し移住! 南砺でツアー開催!


五箇山の相倉(あいのくら)集落

都市部の住民に南砺市への移住を体験してもらう「なんと移住体験ツアー」の参加者が十七日、同市湯谷にある築百年以上の古民家改修に取り組む住民を訪ね、古民家再生の魅力に触れた。市内には空き家が多く、移住促進と併せて空き家活用もPRしようと市観光協会などが企画した。

 ツアーは同協会が年に四回催し、今回は十六~十八日の日程で大阪、東京、神奈川の家族連れなど五組十人が参加した。初日の十六日は福光地域の農家を訪ね、農作業を体験した。

 この日は、市地域おこし協力隊員の松井香楠子さん(30)が改修を進める古民家へ。松井さんは市内の別の場所に暮らすが、六月に空き家となっていたこの古民家を購入し、将来的に生活できるように自ら改修作業を進めている。

 参加者は老朽化した納屋の階段の改修を体験した

 南砺市は定期的に南砺をめぐるツアー「なん旅」を行っている。あなたも是非参加してみてはいかがだろうか?
「なん旅」http://www.tabi-nanto.jp/nantabi/
引用先:http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20170918/CK2017091802000004.html