地方の未来を変える企業と出会い、自分の未来をも変える!「ベンチャー企業マッチングフェア」

 

「地方創生の現場で働いてみたい」など、少しでも地方創生に興味関心のある皆さんが、「熱意ある企業」や同じ想いをもった「仲間」と出会い、実際に働いている方たちとのリアルな交流を通して、地方創生に対し更に関心を高められるイベントが開催されました。ネットの情報だけではわからない、各社の仕事内容、雰囲気、そして社長の描くビジョンなどに直接触れられる機に、各企業交流ブースは多くの方で賑わいをみせていました。

今回は、その中でもトークセッション形式で各企業の経営者たちが「働き方改革、人材育成・教育、一次産業、観光」、それぞれの分野で地方創生実現のために今、どんなビジョンを描いているのかをお話されたため、まとめました。

【イベント概要】
地方の未来を変える企業と出会える『ベンチャー企業マッチングフェア』
日時:2017年11月15日(水)19:00 ~ 22:00(入退場自由)
場所:TKP渋谷カンファレンスセンター3階 3Aホール

【タイムスケジュール】
19:00 ~ 開場
19:20 ~ 社長たちによるトークセッション
20:10 ~ 企業PRタイム(20社×1分)

【参加企業】
観光振興・魅力発信
アソビュー株式会社
株式会社trippiece
株式会社MATCHA
株式会社地域ブランディング研究所
株式会社LASSIC
テテマーチ株式会社

雇用創出、就労・副業支援
ランサーズ株式会社
ピクスタ株式会社
株式会社クリーマ

遊休資産の活用
株式会社ホープ
株式会社ワントゥーテン・イマジン

地方創生人材育成・獲得、教育
キラメックス株式会社
株式会社メディアジーン
株式会社東進

農林水産イノベーション
株式会社Life Lab(ライフラボ)
オイシックスドット大地株式会社

中小企業支援
みんなのマーケット株式会社
株式会社トクバイ

【登壇者】
ランサーズ株式会社 代表取締役社長
秋好 陽介 氏

キラメックス株式会社 代表取締役社長
村田 雅行 氏

株式会社LifeLab 代表取締役
西田 裕紀 氏

株式会社地域ブランディング研究所 代表取締役
吉田 博詞 氏

ファシリテーター
グロービスキャピタルパートナーズ プリンシバル
東 明宏 氏

 

本編



みなさん、こんばんは。今日のテーマは「ベンチャー企業経営者が目指す地方のビジョン」です。地方創生に興味ある方が集まっているので、4名の代表の方に地域のリアルな話を聞いていきます。よろしくお願いします。


本日は私から大きく3つ質問を用意させていただきました。1つ目は最近どんな楽しいことがあったか。2つ目は、地方系で仕事をすることの難しさ。3つ目は、今日は求人イベントなのでどういう人と一緒に働きたいかを伺いたいと思います。

では、まずランサーズの秋好さんは最近どんな楽しいことがありました?

 

日本各地のユーザーから寄せられた感謝の言葉


秋好
直近の例でいうと、私は全国のユーザーさんに直接会うために日本中まわっています。ランサーズが行くとは言っているのですが、私が行くとは言ってないのでサプライズです。昔と体型や髪型がかわってしまっていて「どなた様ですか?」など言われてしまうんですけど……。


それはそれは……(笑)

秋好
その中で、大阪のユーザーさんとの交流会があって、私が「皆さんのお陰でサービスが続いているんです」という話をしたら、とある女性が「なにを言ってるんですか。私があるのはあなたのおかげだから、こっちがありがとうだよ」って言葉をくれたんです。

よく話を聞くとその方は結婚、出産したところで離婚されて。子供がいるので家にいないといけない、パートすらできない、という時にランサーズに出会って、空いた時間でも2−30万稼げているらしいんです。「わたしが生きているのはあなたのおかげです。なので一緒にこのサービス作っていきましょう」と言われたんです。


それはとても嬉しい言葉ですね!

秋好
「一緒に作っていきましょう」なんてそうそうインターネットの企業で言われることではないなと思っていて。奄美大島から北海道まで地域のいろいろな人の働き方を変えている。お金を提供できている、というところが楽しいことですね。


ランサーズさんは本当に地域の働き方を変えていて、いろいろなストーリーがありますね。

 

場所に関係なく、ユーザーが自己実現をするきっかけを提供する



プログラミング教育のオンラインスクール「TechAcademy」を提供している村田さんは、教育という観点で何かありますか?

村田
僕らはユーザーのなりたい自分になるきっかけとして、教育の機会を提供しています。僕自身、会社を始めて新しいものを作りたいと思ったときに、学生の時にプログラミングの存在に衝撃を受けたことを思い出して。起業する機会に勉強して作れるようになったので、僕は自分の夢を実現できました。

そういう自己実現の機会を、僕らはオンラインで全国どこでも提供できるという環境を作っています。プログラミングを勉強して起業されて、数億円資金調達された方もいらっしゃいます。ランサーズに就職された方もいます。ユーザーの活躍は何より嬉しいですね。

秋好
TechAcademyでゼロから学んだ人は、なんか魔法使いみたいな顔しているんですよね。今まで全然わからなかったことを習得して、一つ魔法を手に入れるとすごく幸せそうなのが印象的でしたね。

 

農業に特化した人材サービスで、新しい人の流れをつくる



西田さんは農業に特化した人材サービスの事業をされていますが、どういう人の流れをつくっているんですか?東京の方は地方に行くことが多いのか、そうではないのか……

西田
都市部から農村部へ転職はもちろん、農村部から農村部へもけっこう多いですね。田んぼや畑、酪農だったら牛舎だったり、食を作る現場を実際に見ることが少ないのでそのあたりはなるべく詳しくご紹介して皆さんの転職をサポートしています。その他で、総じて言えるのは地域の人と人間的な付き合い方ができる方は、農村への転職が向いていますね。


吉田さんはどうでしょうか?

吉田
地域には良いものがあるんですけど、現に地域の人って気づいていないことが多くて。そんな方々にビジネスのチャンスを与えるというお仕事を行っています。外からの視点を現地の人に教えると地域の人も気づいてくれて一緒にいい連携がとれます。


地域で仕事をする難しさってありますか?

吉田
キーマンの順番を間違えたりするともう仕事振られないとかもありますね。根回しとか。どうせ東京から仕事奪いに来たんだろうと思われないように、きちんと礼儀だったり正しいステップだったりを踏んで、僕らはサポートをしに来たんですということを見せることが大事ですね。

 

各社で求められている人材とは……?



では皆さん、どういう人と働いてみたいですか? 

秋好
ランサーズの場合、地方創生はメインではなくて、ビジネスをしっかりしてこその副産物だと考えています。僕ら自体がタレントになって、地域の方に価値を提供して、結果的に地方創生にもつながる。そんな会社なのでタレントみたいに、どんな人でも仲良く明るく接することが出来る人、熱意がある人、そんな人を求めています。

西田
私達の仕事の中で難しいことも当然出てきます。そういったところで粘れる人、プラスそんな人生を楽しめる人と働いてみたいですね。

吉田
僕自身、軸にしているのが「現場×ロジック×パッション」です。新卒でも、海外で営業をしてもらうこともあります。そのぐらい地域を変えるためにどんどん動いてもらって、何かを動かしていこうという気概のある方と一緒に働きたいです。


(END)

熱意ある地方創生ベンチャー連合では、地域の活性化に尽力している企業は社長も社員も熱意や想いを大切にし、「フリーランス支援」や「IT教育」、「観光振興」、「農業」など様々な分野で自分のスキルや想いを実現できる職場があります。他にも首都圏で働きながら地域に活力を与える仕事に携わることができる企業など、たくさんの企業が同連合に集まっていますので、是非HPを覗いてみてくださいね。

熱意ある地方創生ベンチャー連合のHPはこちら


 

最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!

これからもふるさとの応援をお願いします。