東日本大震災の被災者が綴る「人生からのラブレター」

「先行きを考えると不安になる」というのが、現代日本人の常套句かもしれません。
被災、貧困、病、過疎、孤独な老後や死……。
メディアにも、不安をあおる情報が蔓延しています。

だけど、本当にそうでしょうか?
実際には、病になる前よりも後の方が、良い人生を見つけたという人も多く、
東北をはじめとする世界中の被災地では、今日もたくさんの人が前を向き、立ち上がっています。
一見、絶望的と思われる事柄の中にも、明るい光が必ずある。

「よあけのてがみ」はそのことを伝えるために存在していきます。

(「よあけのてがみ」公式HPより))

そんな想いを元に東北をメインとする地方から、多彩な著者が綴る連載エッセイを無料配信するWEBマガジン「よあけのてがみ」が2017年秋にリリースされました。

よあけのてがみ公式HPはこちら

人生の面白さと豊かさを発信するために立ち上げられた無料WEBマガジン「よあけのてがみ」が2017年秋にリリースされました。「よあけのてがみ」は「人生には多くの試練がありつつも、それ以上に歓びで溢れている。」ことを多彩な著者が綴る人生からのラブレター。

現在、掲載されている記事は、次の6つの連載エッセイ。各連載は、ほとんどが週に一度のペースで更新されています。そのため、通勤通学の空き時間などに1日1読を習慣化すれば、きっと誰もが人生の奥行きとバリエーションの豊かさを感じとること間違いなしです。

オールライト家の人々
原発事故後に福島と宮城の県境にある里山から、夫の故郷イギリスへ避難した5人家族の妻が綴る。

りくのハナさん
東日本大震災で最大規模の被災地となった岩手県陸前高田市から、寺の住職が変わりゆく街の風景をレポートする。

まきのふーちゃん
東京から移住したアラフィフ・シングル女子が宮城県石巻市で中古一軒家を購入し、会社を設立。愛猫と始めたばかりのドキドキハラハラな新生活を描く。

壊れ主婦のよあけ
普通の主婦が突然、心の病を発症!10年間の闘病を経て、笑顔を取り戻すまでの手記。

さかな女子部
水産の街・石巻から日本の魚食文化復活を叫び、まずは消費者である自分たちが変わらなくては!と日々、お魚修行に励む女子たちの姿をレポートする。

現役新聞記者のねごと
三重県津市から、大手新聞社の支局長が日々の考えごとや仕事の裏話などをしたためるが届きます。

タイトルだけでも、個性豊かな6つのエッセイの魅力が伝わってきたのではないでしょうか?通勤通学や、お仕事の息抜き、夜の寝る前などにぜひ読んでみてくださいね。

よあけのてがみ公式HPはこちら

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000029424.html


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!