前略、100年先のふるさとを思ふメディアです。

LOCAL LETTER

【未経験OK】リアルPJに参画しながら学ぶ!?プロデューサーへの道が拓ける「ローカルプロデューサー養成講座」

FEB. 13

SAGA

拝啓、地域の文化、自然資本を活かした事業に興味のあるアナタへ

地域には歴史や工芸、食などの文化や自然といった資本がたくさんあります。近年、それらの地域資本を活かした事業が日本各地で生まれ、持続可能なビジネスとして注目されています。

一方で事業化に辿り着くまでの壁はたくさんあります。例えば行政との関係性や地元との協業、関係者との調整、限られた資源でどう利益を生み出していくかなど。

こうした壁を乗り越えて事業として生まれ出てきた裏には「プロデューサー」の存在があります。まさにいま地域に求められており、かつ挑戦したい人もいるプロデューサー。

普段は注目される機会も少なく、その役割やスキルが見えづらいプロデューサーの実践知を学び、経験を積み上げて身につけるために「ローカルプロデューサー養成講座」を開講します。

リアルPJに参画する講座!? ローカルプロデューサー養成講座とは

ローカルプロデューサー養成講座は、

地域資源を活かしたプロジェクト・事業を生み出したい
地域活性と経済性を担保した活動をしたい
地域活性をボランティアだけじゃなく仕事に結びつけたい

そんな想いをもつ方にぜひオススメしたい講座です。

株式会社WHERE、株式会社VILLAGE INC、𝗞aratsu 𝗦easide 𝗖amp FESTIVALの3団体が協働した実践型のカリキュラム。現場での実践を含む全8回の講座を通して、ローカルの資本を活かしたプロデュース力を身につけていきます。

人づくり、事業づくりを通じた地域活性を目指し、地域活性に取り組む産学官のネットワーク及びプレイヤーに高い訴求力を持つメディアの情報発信力を持ち、地域x起業、ライター、マーケティングの人材育成に取り組む株式会社WHERE。

「何もないけど何でもある」をモットーに日常をより豊かなものにするため、辺境、遊休地を活用した非日常体験を提供している株式会社VILLAGE INC。

佐賀県唐津市の波戸岬にて、今年で3回目の開催を迎える春の九州を代表する“MUSIC FESTIVAL”である𝗞aratsu 𝗦easide 𝗖amp FESTIVAL(以降、カラフェス)。

これら3団体の「地域資本を活かした事業プロデュースができる人づくりをしていきたい」という想いが重なり、この度「第1期ローカルプロデューサー養成講座」を共同開催することに。

本講座の特徴は何と言っても、「リアルプロジェクトに参画しながら学べる」という点!オンラインで座学を学び、実際のカラフェスで実経験を積んで、プロデューサースキルを身につけていきます。

オンラインで全国どこからでも学べる実践知+舞台となるKaratsu Seaside Campで得られる経験!ローカルプロデューサー養成講座3つの魅力

魅力1:進行中のプロジェクトを題材に。 実践知ノウハウを掴む

現在進行中のプロジェクト「カラフェス」をプロデュースしている起業家、カラフェスのほか、「New Acoustic Camp」「ACO CHiLL CAMP」などを手掛けているソニー・ミュージックエンターテイメント所属の一流プロデューサーの実践知を全国どこからでもオンラインで学べます。知識と現場の空気感、経験を身につけられるカリキュラムです!

魅力2:フェス当日は運営チームに参画。 実践経験を積み重ねる

「カラフェス」当日にはスタッフとして役割を持って参画し、チームと連携しながら実際に運営を行います。座学では決して得ることのできない、肌で感じられる実務経験を手に入れます。

魅力3:卒業後もコミュニティでフォローアップ。実践機会や副業・求人の公募を提供

卒業後は受講者限定のコミュニティに招待。講師として参加された企業から副業や求人、さらなる実践の機会を定期的に提供していきます。
※一部サービスは有料となります。
※副業や求人は必ずしもすべての人が採用されるわけではありません。

本講座の実践舞台となるプロジェクトをご紹介!


今回の実践題材となるプロジェクトの舞台は、佐賀県唐津市の波戸岬で3回目の開催を迎える音楽フェス「Karatsu Seaside Camp 2024」。VILLAGE INCとソニー・ミュージックエンターテイメントがタッグを組んでコロナ禍に始まったカラフェスは第2回目に7,000人来場者を記録。地元でも観光でも注目を浴びるカラフェスに参画しながら学びます

地域資源と音楽フェスをかけ合わせた唯一無二のカラフェスを通じて、プロデュース力を身に着けましょう!

気になる全8回のカリキュラムとスケジュール。第一線で活躍する講師陣もご紹介!

カリキュラム&スケジュール

第0回 【特別公開講義】
 2/26(月)19時半〜21時半(20時半からは説明会)
 ローカル x プロデューサーが起こす化学反応
 これから[ローカルに求められる力]とは?

第1回【特別公開講義】
 3/12(火)19時半〜21時15分(20時半からは説明会)
 まだ見ぬ価値を生み出す
 ローカルを強みに変える[プロデューサーの役割]とは?

第2回【舞台を知る】
 4/6-7(土日)
 五感を通して学ぶ、[ローカルの現在地]

第3回【具体に落とす】
 4/11(木)19時半〜21時
 プロデューサーに求められる[リサーチ力]と[企画力]

第4回【ヴィジョンで巻き込む】
 4/23(火)19時半〜21時
 [ヴィジョン]で繋がり、[アセット]を持ち寄る座組の作り方

第5回【土台を築く】
 5/7(火)19時半〜21時
 持続可能な[ビジネスモデル]の在り方

第6回【質を上げる】
 5/21(火)19時半〜21時
 満足度を決める[オペレーション設計]

第7回【事を動かす】
 前日入り5/24(金)、5/25-26(土-日)、後泊5/27(月)
 リアルな現場で身につける[実行力]

第8回【ゴールを作る】
 6/4(火)19時半〜21時
 [実践知]を活かし、次なる[アクション]に落とし込む

講師陣紹介


橋村 和徳 / VILLAGE INC 代表取締役
船でしかいけない1日1組のキャンプ場「AQUA VILLAGE」を皮切りに日本各地でアウトドアフィールドを手掛け、『KSC』の舞台である波戸岬海浜公園の管理者である株式会社VILLAGE INCの代表。KSC実行委員会の幹事メンバーとして今後もさらなる地域連携を担う。佐賀県唐津市出身。


野口 勉 / 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
2009年、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。当初よりライブ事業に関わり、現在は、SMEライブクリエイティブグループ、ソニー・ミュージックソリューションズ、ライブエグザムの各社を兼任し、アーティストのツアー制作、各種イベントの企画制作に多数関わっている。


平林 和樹 / 株式会社WHERE 代表取締役
ヤフー株式会社、カナダ留学、株式会社 CRAZYを経て、株式会社WHERE創業。約2万人の会員を持つ地域コミュニティメディア「LOCAL LETTER」、産学官民の起業家70名以上が集う地域経済サミット「SHARE by WHERE」など地域、業界を超えた共創を創出。長野県根羽村で一棟貸し宿を立上げ事業譲渡など独自の事業作りで活動中。


村岡 浩司 / 株式会社一平ホールディングス 代表取締役
1970年、宮崎県生まれ。人口12,000人のまち、宮崎市高岡町で廃校となった小学校をリノベーションし、カフェやシェアオフィス・コワーキングを併設するMUKASA-HUB(ムカサハブ)を運営。九州産の農業素材のみで作られた「九州パンケーキミックス」をはじめとする、「九州アイランド」プロダクトシリーズを国内外に展開。

気になる方は、以下URLより無料オンライン説明会へお申込みくださいね!
https://academy.localletter.jp/local-producer/

ローカルプロデューサー講座のプランと受講料

■ 講座概要

期  間:2024年2月〜6月

回  数:全8回

対  象:
こんな方におすすめ
・地域資源を活かしたプロジェクト・事業を生み出したい
・地域活性と経済性を担保した活動をしたい
・地域活性をボランティアだけじゃなく仕事に結びつけたい

受講形式:オンライン(zoom使用予定)講義、フェス参画の実践

準  備:
・PC
・インターネット回線

受講して得られること:
・地域資源を活かしたプロデュースの実践的な理論
・地域x音楽xキャンプフェスの実務経験
・卒業後の機会(転職や業務委託)

注意事項:
・プログラム中は写真撮影がございます。もし写りたくない方は最初にお申し出ください。また横顔や背中などはSNS等で発信される可能性があることをご理解ください。

受講料に含まれないもの:
・現地までの交通費、宿泊費は参加者実費となります。ただし、第7回講義である【実践】はスタッフとして参画するため、宿泊及び食事は提供があります。

■ 受講料

◇超実践コース:定員20名 ※少人数限定
通常 140,000円(税込154,000円)
早割 130,000円(税込143,000円)

◇オンラインコース:定員30名
通常 60,000円(税込66,000円)
早割 50,000円(税込55,000円)

※最少開催人数は超実践&オンラインコース合わせて25名です。
※オンラインコースの方は実践がつきません、キャンプフェスに参加はOKです(参加チケットは自費購入いただきますが、優先確保いたします)

まずは無料オンライン説明会へ。新しい講座を体感してみよう!

■ 無料オンライン説明会開催日時
① 2/20 (火) 19:30〜20:15
② 3/6 (水) 19:30〜20:15
※いずれも同様の内容となります。ご都合の良い日時にご参加ください。
早割の締切は2/29、本申込み締切は3/28です。

■ 所要時間
45分(プログラム説明30分、質疑応答15分)

■ 無料オンライン説明会及び特別公開講義お申込みフォーム
https://tally.so/r/mRPpJl

よくある質問と回答

Q.プロデュースの実務経験がなくても参加できますか?
→ もちろん参加可能です!プロデュースの実務経験がなくても、座学と実践で身につけることができます。そのため、「実践を通じてプロデュースを学びたい!」といった方にもおすすめのプログラムになっています。

Q. 講座はオンラインでも参加できますか?
→ 講座はオンラインがベースとなっております。また講義当日に参加できなくてもアーカイブ動画にて学習を進められます。本カリキュラムの目玉である実践はリアルでの受講となりますので楽しみにしていてください。

Q. 講師や受講生同士との交流する機会はありますか?
→ 本講義では縦と横の繋がりを大事にしています。オンラインの中でもワークという形で受講生同士で交流する機会がありますし、公私ともリアルな現場にて交流する機会を設けています。

Q. 受講料以外に費用が発生しますか?
→ 受講料以外では、現地でのフィールドワークや実践の際に実費負担となります。現地までの交通費、宿泊費、飲食費が想定されます。ただし、第7回実践ではKSCのスタッフ参画になるため、スタッフ用の宿泊、食事の提供があります。

Q. キャンセルしたい場合はどのようにしたらよいでしょうか?
→ キャンセル規定に沿ってご対応させていただきますので、予めご一読ください。

Information

地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」会員100名突破!

場所に縛られずに、 オモシロい地域や人と もっと深くつながりたいーー。

LOCAL LETTER MEMBERSHIP とは、「Co-Local Creation(ほしいまちを、自分たちでつくる)」を合言葉に、地域や社会へ主体的に関わり、変えていく人たちの学びと出会いの地域共創コミュニティ。

「偏愛ローカリズム」をコンセプトに、日本全国から “偏愛ビト” が集い、好きを深め、他者と繋がり、表現する勇気と挑戦のきっかけを得る場です。

<こんな人にオススメ!>
・本業をしながらも地元や地域に関わりたい
・地域で暮らしも仕事も探求したい、人が好き、地域が好き、旅が好き
・地域を超えた価値観で繋がる仲間づくりがしたい
・社会性の高い仕事をしたい
・地域や社会課題を解決する事業を生み出したい

MEMBERSHIP の詳細&お申込みはこちら
https://localletter.jp/membership/

Editor's Note

編集後記

新しく開講する「ローカルプロデューサー養成講座」の記念すべき第1期生の募集がついに始まりました!なかなか表舞台には出てこない「プロデューサー」という存在。ですが、どんな事業にもプロジェクトにも欠かせない、居なくてはならない大切な存在です。共に学び実践を積み、地域から求められる唯一無二のプロデューサーを目指しましょう!まずは無料オンライン説明会にて、皆様のご参加を心よりお待ちしておりますね。

シェアしてローカルプロデューサー養成講座を応援!

シェアしてローカルプロデューサー養成講座を応援!

シェアしてローカルプロデューサー養成講座を応援!

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事