震災から7年。復興のその先の、生き方を「デザイン」しませんか?

岩手県・陸前高田市。

2011年3月11日に起こった東日本大震災で壊滅的な被害を受けたとして、記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。あの甚大な震災から7年という月日が経ち、陸前高田市では、様々な取り組みが行われ、復興に向けた確かな足取りを進めています。

そして今回、新たに2018年1月19日より「陸前高田市 地域おこし協力隊」の募集が開始されました。今回は、4つの分野で合計11名の地域おこし協力隊を募集しているそうですよ。

陸前高田市地域おこし協力隊の詳細はこちら

今回地域おこし協力隊の事業パートナーとして陸前高田市を支えるのは、NPO法人高田暮舎。東日本大震災後に陸前高田市へ U・Iターンした若者たちが自身の経験等を生かし、「さまざまなことにチャレンジできる地域」をアピールしながら、移住定住促進にかかる取り組みを進めているNPO法人です。

そして、地域おこし協力隊の採用サポートを行なうのは、NPO法人wiz“アクションすることを、岩手のスタンダードに” というビジョンを掲げ、岩手県で自己実現を目指してチャレンジする若者の挑戦を支援しているNPO法人です。

復興のその先の、生き方をデザインしよう。

陸前高田市では、大震災をきっかけにU・Iターンする人が増加しており、数々の変化と新たな挑戦が始まっています。「震災」が起こったことで、生まれた人の流れや、産業・取り組みを、大きな「うねり」に育て、持続可能な未来を今まさにつくろうとしているのです。

そして、2018年2月12日(月)には「陸前高田市 地域おこし協力隊」募集説明会が東京で開催されます。

陸前高田市地域おこし協力隊のイベント詳細はこちら

今回のイベントでは、今の陸前高田の「コト」や「ヒト」、「取り組み」について知ることができます。

一人で描くより、大勢で描いた挑戦の方が価値がある。あなたの挑戦も、きっと私たちの挑戦と繋がっています。私たちと一緒に生き方をデザインしてみませんか?

地域おこし協力隊に興味のある方だけでなく、東北の復興に貢献したい方、移住を検討している方はもちろん、新たなプロジェクト、ビジネスにチャレンジしたい方もぜひ説明会へ足を運んでみてくださいね。

イベント詳細


■日時
2018年2月12日 (月) 11:00~17:00 (開場 11:00)

■場所
移住・交流情報ガーデン 地下1Fスペース(東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル)
JR「東京駅 (八重洲中央口) 」より 徒歩4分、東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩5分
https://www.iju-navi.soumu.go.jp/ijunavi/garden/

■内容
・「地域おこし協力隊」って、なに? (NPO法人wizから)
・陸前高田市地域おこし協力隊の募集活動テーマ説明 (NPO法人高田暮舎、市役所から)

■スピーカー
・三井俊介さん(NPO法人高田暮舎)
陸前高田市地域おこし協力隊の全体説明
・古館俊一さん(陸前高田市役所)
移住定住促進分野の説明
・梶原明さん(陸前高田市役所)
地域産業資源開発・地域振興施設開業サポートの説明
・佐藤彰さん(陸前高田市役所)
林業担い手分野の説明
・黒沢惟人(NPO法人wiz)
地域おこし協力隊の現状、岩手全体のUIターン状況を説明

詳細
特設募集サイト (説明会情報、インタビュー記事掲載)
http://takatakurashi.jp/job/kyoryokutai/
主催:陸前高田市
運営:NPO法人高田暮舎、NPO法人wiz

Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/3215288258508781/

問い合わせ
NPO法人wiz 担当:黒沢
TEL:080-9017-7214 / MAIL:info@npowiz.org

 


最新情報をPICKUPしてお伝えするニュースレター配信中!