ラッピング列車で地域活性化!中学生のイラストも列車に!

「まいりゅう号」

茨城県龍ケ崎市内を走る関東鉄道竜ケ崎線の車両に市のマスコットキャラクター

「まいりゅう」の図柄をラッピングした「まいりゅう号」のデザインが一新されました。

「まいりゅう号」は、市制60周年を記念して2014年3月に運行を開始したラッピング列車。

 

3年半ぶりのリニューアルとなる2代目車両には、

「まいりゅう」とともに県指定無形民俗文化財の郷土芸能「撞舞(つくまい)」や景勝地「牛久沼」の白鳥など、

市内の中学生が「龍ケ崎らしい」と感じる市の魅力を題材に制作したイラストが数多くデザインされています。

 

「牛久沼の夕焼け」

市長は新車両の出発式で、「市民に定着してきた『まいりゅう』ともども、

龍ケ崎市の魅力をさらに強く発信していきたい」とあいさつ。

アイデアを提供しイラスト制作に協力した市内の中学生は

「提案したアイデアの全てがデザインされていたので、とてもうれしい」と嬉しそうだった。

引用先:https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102700470&g=soc

==============================

関連記事

 地元の森を甦らせる!

里山体験の拠点として人々を繋ぎ、愛される森へ

==============================

公開から1ヶ月で登録者1000人突破!
無料の移住体験ツアーが当たるキャンペーン実施中です。

==============================

これからもふるさとの応援をお願いします。