前略、100年先のふるさとを思ふメディアです。

LOCAL LETTER

これから地域おこし協力隊を考えている方へ

DEC. 30

これから地域おこし協力隊を考えている方へ

地域おこし協力隊になることを検討されていますか?地域おこし協力隊について、また日本の市町村について、様々な情報が飛び交っていますね。この記事では、地域おこし協力隊の仕事内容や働き方、報酬について詳しく解説します。

また地域の選び方のポイントや注意点などもご紹介しますので、最後までご確認ください。

地域おこし協力隊はどんな仕事があるのか?

地域おこし協力隊の主な仕事は、地方自治体やその他のステークホルダーと協力して、経済成長や生活水準の向上に向けた取り組みに参加することです。インフラ、農業、教育、医療、観光など、改善が必要な分野でのプロジェクトに取り組むこともあります。また、地域開発に関する技術支援や調査を依頼されることもあります。

地方自治体によって働き方は異なります。大きく2つに分けることができます。

「フリーミッション型」

地域の課題から自分で活動内容を見つけて、3年間取り組む働き方です。活動内容を自ら見つけて、仲間を見つけることも必要になりますので、人を巻き込んで新しいことに挑戦したい人におすすめです。

「ミッション型」

自治体が定めた特定の事業に3年間取り組むスタイルになります。何をするのか明確な仕事が決まっているため自分のやりたいことが定まっている方はおすすめです。

地域おこし協力隊の報酬

地域おこし協力隊の報酬は令和2年に「地域おこし協力隊の制度」が変更されて、「280万円」となりました。

ただし自治体によっては、改正前の制度のまま支給しているため報酬は「200万円〜280万円」となり、月額では「16万6千円〜23万3千円」程となります。

その他には、給料以外に活動費があります。地域によってその活動費は異なりますので、着任前やその地域の協力隊OBと話すときに確認してみてください。

 

地域おこし協力隊の地域の選び方

地域開発協力隊に参加する地域を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。まず、自分がどのような仕事をしたいかを考えてみましょう。地域の中でも中山間地域で住みたいのか、住宅地に住みたいのか。また、何か興味のあることはありますか?どんな活動をしたいかを考え、候補となる地域があれば、それが自分に合うかどうかリサーチしておきましょう。

また、地域の大きさについても考えておく必要があります。地域によっては規模が大きい場合もありますので、地域の大きさも考慮して決定するようにしましょう。また、その地域の天候も考慮しましょう。日本の多くの地域では厳しい気象条件に見舞われるため、選んだ地域がそのような条件下で働くのに適しているかどうかを確認する必要があります。

 

【2/14開催】北海道でキャリアチェンジ。スモールスタートで挑戦したい地域おこし協力隊を募集!

新しい挑戦をしてみたいけれど、「今の自分にできるのか」「活かせるスキル経験が思い浮かばない」「はじめての土地にいきなり飛び込めるのか」「家族はどうしよう」そんな不安は尽きないもの。

そこで今回は、環境の整った北海道でキャリアチェンジをしませんか?というお誘いです。

「え、北海道って環境が整っているの?」と思ったアナタ、まずはオンラインイベントに参加してみませんか?

自分の次のキャリアを考えるきっかけに、スモールスタートでありながらステップアップできる転職の機会をご紹介します。

オンラインイベントの概要

◉日時
2023年2月14日(火)19:30-21:00

◉場所
オンライン(Zoomを予定)

◉参加費
無料

◉こんな人におすすめ!
・北海道での暮らしを考えている人
・キャリアチェンジをしたい人(転職を考えている人)
・新しいことをはじめてみたい人
・今の暮らしや仕事にモヤモヤしている人
・自分のスキル経験をローカルに活かしたい人

◉内容
・オープニング
・トークセッション
 北海道上士幌町 / 東川町の担当者に聞く!実際の暮らし・転職者へのサポートとは?
・登壇者に直接きく個別質問タイム
 ブレイクアウトルームにて、上士幌町・東川町の担当者に直接お話を聞いていただくことが可能です!
・今回の募集についての詳細案内
・クロージング

◉登壇者
▼北海道上士幌町

鈴木 勇汰 さん / 上士幌町役場デジタル推進課 主査
1995年北海道芽室町生まれ。2018年上士幌町役場入庁。ふるさと納税担当、ICT推進室を経て、現在はICT推進・企業誘致を担当。

▼北海道東川町

西島 圭哉さん / 東川町東川スタイル課 主事
1993年北海道旭川市生まれ。2017年東川町役場入庁。企画総務課、都市建設課を経て、現在はふるさと納税、企業・自治体連携などを担当。

▼ファシリテーター

高山 奈々 / 株式会社WHERE、LOCAL LETTER 編集長
地域発信型ソーシャルグッドマガジン「LOCAL LETTER」の編集長。
1995年、千葉県浦安市生まれ。新卒1期生として株式会社WHEREへ入社。「LOCAL LETTER」の立上げ、企画、執筆、編集を担当。3年で編集長へ就任し、読者層の拡大に貢献。経営者への取材に定評があり、その数は300人を超える。トップPVを獲得するライターとして、2022年よりライター育成にも携わる。

Information

地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」会員100名突破!

場所に縛られずに、 オモシロい地域や人と もっと深くつながりたいーー。

LOCAL LETTER MEMBERSHIP とは、「Co-Local Creation(ほしいまちを、自分たちでつくる)」を合言葉に、地域や社会へ主体的に関わり、変えていく人たちの学びと出会いの地域共創コミュニティ。

「偏愛ローカリズム」をコンセプトに、日本全国から “偏愛ビト” が集い、好きを深め、他者と繋がり、表現する勇気と挑戦のきっかけを得る場です。

<こんな人にオススメ!>
・本業をしながらも地元や地域に関わりたい
・地域で暮らしも仕事も探求したい、人が好き、地域が好き、旅が好き
・地域を超えた価値観で繋がる仲間づくりがしたい
・社会性の高い仕事をしたい
・地域や社会課題を解決する事業を生み出したい

 

MEMBERSHIP の詳細&お申込みはこちら
https://localletter.jp/membership/

地域おこし協力隊に興味がある方へシェアお願いします。

地域おこし協力隊に興味がある方へシェアお願いします。

地域おこし協力隊に興味がある方へシェアお願いします。

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事