前略、ふるさとがもっと好きになるメディアです。

LOCAL LETTER

岐阜県 ヒマワリで地方創生を開始。ドクターイエローと共演も

SEP. 07

Ogaki, GIFU

岐阜県大垣市平町では、約10万本のヒマワリが見頃を迎えており、2017 年8 月25 日には東海道新幹線の検査車両である「ドクターイエロー」がヒマワリ畑の脇を通過し、鮮やかな共演も見せた。

ヒマワリは地域創生を目的として、地元の平営農組合が中心になって休耕田約2.2ヘクタールで育てられたもの。5万本ずつ時期をずらして種をまいており、現在は後半に種をまいたヒマワリが開花している。

さらに2013 年8 月25 日午後2時15分頃、ヒマワリ畑の脇を「ドクターイエロー」が通過し、写真愛好家たちの間で話題となった。「ドクターイエロー」は、運行ダイヤが公開されていない事から、見ることが非常に難しく、「見ると幸運を呼ぶ」とも言われている。

日本の休耕田の面積は、工場用地や道路、宅地等への転用等により減っているが、それ以上に作付け面積が減っているため、休耕田の面積はむしろ増えている。*1 ヒマワリ畑は毎年多くの観光客が訪れるため、岐阜県平町の広大な休耕田を利用したヒマワリ畑は、地域活性化に大きく期待される。

*1 農林水産省(耕作放棄地の現状について)

引用先:http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170826/201708260804_30359.shtml

これからもの応援を岐阜県大垣市お願いします。

これからもの応援を岐阜県大垣市お願いします。

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事