前略、ふるさとがもっと好きになるメディアです。

LOCAL LETTER

<終了しました>発想の転換で「地域の困りごと」を「ビジネス」に変えませんか?

MAY. 18

「地元には何も魅力ないな・・・」と思われている方は意外と多いのではないでしょうか? 本当はたくさんの魅力があるのに、自分に馴染みのある地域であればあるほど、わかりにくいものだったりもしますよね。そんな中、自分の地域の魅力を改めて捉え直すイベントを発見したので、ご紹介いたします。

今回のイベントでは、Japan Times Satoyama推進コンソーシアム事務局長であり、元横須賀市長の吉田雄人さんをお招きし、地域の「デメリット」や「マイナスイメージ」だと思っていたものを新たな都市資源として生まれ変わらせる発想の転換について、エピソードを交えながらお話していただきます。

吉田さんは、豪雪地帯の重労働であった「雪下ろし」を体験ツアーとして商品化するなど、発想の転換によって様々な都市資源を生み出しているため、今回はそのノウハウを吸収する絶好の機会です。

その他にも、吉田さんが現在事務局長を務めているJapan Times Satoyama推進コンソーシアムについてや、そこで行われている「里山資本主義」についてもご紹介いただきます。

現在、金銭的価値のない自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手によって新たに交換可能な価値が与えられ、安心で将来性のある地域社会をつくるという新しい資本主義のあり方を提唱している「里山資本主義」ですが、その活動の意義や成果が多くの人に伝わっておらず、支援の輪や活動への理解が広がっていない現実もあります。

海外では「satoyama」として認知され、持続可能な地域への取り組みとして、地域活性化、地方創生の一環としても注目されており、Japan Times Satoyama推進コンソーシアムの活動にも期待が寄せられています。

この機会にぜひご参加されてみてはいかがでしょうか?(お申し込みはこちら)(イベントは終了しました)

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事