前略、100年先のふるさとを思ふメディアです。

LOCAL LETTER

地域おこし協力隊!後悔しないための自分の任務の見つけ方

DEC. 12

平成21年度から始まった地域おこし協力隊。地方自治体から経済的・人的支援を受け、自分で決めた新天地で働きながら自分のこの先の働き方、生き方をデザインできる制度。そのような制度に魅力を感じる人は多く、この制度開始時は全国で89人の隊員数でしたが、令和3年度には6,015人もの応募があり、政府は令和8年度までに10,000人に増やすという目標を掲げています。
参照:総務省HP

このように、自分の仕事や暮らしを設計する上でとても有益だと感じられる地域おこし協力隊制度。前向きに検討している方も、もう既にやろうと決めている人もいるかと思います。自分の将来の仕事や生活を構築する上で、この制度は魅力的であることは否定しようがありません。
ただいくら魅力的だと感じていたとしても、自分のこの先の在りようを決める極めて重要な決断。そう簡単に行動には移せないですよね。

場所はどこにする?任務内容はなにがいい?期間終了後にどうする?そもそも期間終了後にきちんと暮らしていける収入は得られるの?
決めなければいけないこと。考えなければいけないことが本当にたくさんあります。では、どうやったら自分に合った後悔しない任務が見つけられるの??

それは
「長く丁寧に記載された先輩隊員のインタビュー記事を数多く読むこと」
「地域おこし協力隊のイベントに参加すること」です。

さきほどお話したとおり、年を追うごとに応募者の数が増え世間の関心が高まっている地域おこし協力隊制度。あらためてそのメリット・デメリットを確認してから、自分に合った候補地・任務の見つけかたをみていきましょう。

 地域おこし協力隊のメリット

生活費の心配をすることなく、自分の将来を手探りで探がせる

その活動期間についてはそれぞれの地方公共団体によって概ね1年以上3年以下と異なるので確認は必要ですが、経済的な面では隊員1人あたり480万円を上限に交付を受けながら活動できるという一定の決まりがあります。

自分がその仕事に楽しさややり甲斐を感じられるかは、やってみないとなかなか分からないもの。その手探り期間を収入の心配なくできるというのは、とてもありがたいシステムですね!

感謝されながら仕事ができる

地域おこし協力隊のお仕事は周囲から感謝される制度設計になっています。

簡単に説明しますと、地域おこし協力隊の仕事は自分の才能や能力を活かした活動をしながら理想とする暮らしや生きがいを発見でき、活動している隊員にとってこれは有益な取り組みです。それと同時に、その隊員を受け入れた地域の人たちにとっても新たな視点や刺激をうけるというメリットも。

また地方公共団体にとっても行政ではできなかった柔軟な地域おこし策や、住民が増えることにより地域が活性化されるという利点があります。自分が興味を持った仕事をすることで地域や行政に感謝される。

関わった三者の全てが利益を享受できる、そんな「三方よし」のシステムは嬉しいですね。

地域おこし協力隊のデメリット

各行政によって温度差がある

地域おこし協力隊の制度が発足して13年が経過しました。行政によってその取り組みに対する温度差が出てきています。

応募した隊員は行政のサポートは十分に受けられるだろうと思い移住してきたものの、実際の行政職員はほとんど関与していない場合もあります。それどころか行政職員自身が地域に溶け込んでいない場合すらあります。そのようになってくると当然、地域に溶け込み理想としていた活動を実現することの難易度は、飛躍的に上がってしまいます。

やっぱり将来への不安はぬぐえない

在任中は充実した仕事に巡り合えたとしても、やはり期間終了後の不安を拭うのは難しいと感じる人もいるかもいるかもしれません。
任期の間に自分で動いてその地域の仕事の情報収集をするなり、起業をしたい人であればその準備をするなり。また就業を選ぶにせよ、起業を視野にいれている人であっても、どちらせよ大切になってくる地域の人的ネットワークの構築。これらの準備を怠ってしまうと、任期後に何も残らないまま3年間が過ぎてしまうという結果になることも。

地域おこし協力隊としての自分の任務の見つけ方

さて、メリットだけではなく当然デメリットもある地域おこし協力隊制度。

自分にとって居心地の良い土地、マッチした任務をどのように見つけたら良いのでしょう。それは先輩隊員に聞くこと。簡単なレビューや成功体験記事ではなく、丁寧に書かれた先輩隊員のインタビュー記事を閲覧することです。実際に現在活動している人でなければ分からないことや、感じられない事は多々あるはずです。そしてきっと想定外のことが起きた人もいたことでしょう。その時どう思ったのか、そしてどう対処したのか。

自分の将来など何かを決定するとき、自分の経験則や好みも軽く扱えるものではありません。しかしせっかく先に行った人がいるのなら、その経験や知見を活用しない手はないですね。先に行った人は、どこに落とし穴があるのか知っています。

イベントに出て、その土地との相性を確認しましょう

その土地がどのような土地で、どのような仕事があるのか。せっかく直接聞ける機会があるのなら、参加して聞いてみるのがおすすめです。何かを決断するとき、WEBのテキスト情報、画像情報だけでは伝わってこない生の情報も摂取しておきたいところ。

そのイベントに出席された担当者から、その町その村の空気感はきっと伝わってくるはずです。そしてその自治体の地域おこし協力隊に対する本気度も、否が応でも伝わってきます。

まとめ

地域おこし協力隊のメリット、デメリット、そして決断するときに大切なポイントをみてきました。WEBで先輩隊員のインタビュー記事を数多く閲覧することや、イベントに出席することの手間に躊躇してしまう部分もあるかもしれません。

しかしその方法で、未来の自分が幸せに暮らしていける可能性が高くなるのであれば、やってみて損はないはずです。

ぜひ挑戦してみましょう。

そこで自分の心の琴線に触れる「なにか」を見つけ、新天地で地域の担い手としてしっかりと根を張る。そしてその場所での生活が、自分らしく紡げる毎日となることを祈っています!

【2/14開催】北海道でキャリアチェンジ。スモールスタートで挑戦したい地域おこし協力隊を募集!

新しい挑戦をしてみたいけれど、「今の自分にできるのか」「活かせるスキル経験が思い浮かばない」「はじめての土地にいきなり飛び込めるのか」「家族はどうしよう」そんな不安は尽きないもの。

そこで今回は、環境の整った北海道でキャリアチェンジをしませんか?というお誘いです。

「え、北海道って環境が整っているの?」と思ったアナタ、まずはオンラインイベントに参加してみませんか?

自分の次のキャリアを考えるきっかけに、スモールスタートでありながらステップアップできる転職の機会をご紹介します。

オンラインイベントの概要

◉日時
2023年2月14日(火)19:30-21:00

◉場所
オンライン(Zoomを予定)

◉参加費
無料

◉こんな人におすすめ!
・北海道での暮らしを考えている人
・キャリアチェンジをしたい人(転職を考えている人)
・新しいことをはじめてみたい人
・今の暮らしや仕事にモヤモヤしている人
・自分のスキル経験をローカルに活かしたい人

◉内容
・オープニング
・トークセッション
 北海道上士幌町 / 東川町の担当者に聞く!実際の暮らし・転職者へのサポートとは?
・登壇者に直接きく個別質問タイム
 ブレイクアウトルームにて、上士幌町・東川町の担当者に直接お話を聞いていただくことが可能です!
・今回の募集についての詳細案内
・クロージング

◉登壇者
▼北海道上士幌町

鈴木 勇汰 さん / 上士幌町役場デジタル推進課 主査
1995年北海道芽室町生まれ。2018年上士幌町役場入庁。ふるさと納税担当、ICT推進室を経て、現在はICT推進・企業誘致を担当。

▼北海道東川町

西島 圭哉さん / 東川町東川スタイル課 主事
1993年北海道旭川市生まれ。2017年東川町役場入庁。企画総務課、都市建設課を経て、現在はふるさと納税、企業・自治体連携などを担当。

▼ファシリテーター

高山 奈々 / 株式会社WHERE、LOCAL LETTER 編集長
地域発信型ソーシャルグッドマガジン「LOCAL LETTER」の編集長。
1995年、千葉県浦安市生まれ。新卒1期生として株式会社WHEREへ入社。「LOCAL LETTER」の立上げ、企画、執筆、編集を担当。3年で編集長へ就任し、読者層の拡大に貢献。経営者への取材に定評があり、その数は300人を超える。トップPVを獲得するライターとして、2022年よりライター育成にも携わる。

Information

地域共創コミュニティ「LOCAL LETTER MEMBERSHIP」会員100名突破!

場所に縛られずに、 オモシロい地域や人と もっと深くつながりたいーー。

LOCAL LETTER MEMBERSHIP とは、「Co-Local Creation(ほしいまちを、自分たちでつくる)」を合言葉に、地域や社会へ主体的に関わり、変えていく人たちの学びと出会いの地域共創コミュニティ。

「偏愛ローカリズム」をコンセプトに、日本全国から “偏愛ビト” が集い、好きを深め、他者と繋がり、表現する勇気と挑戦のきっかけを得る場です。

<こんな人にオススメ!>
・本業をしながらも地元や地域に関わりたい
・地域で暮らしも仕事も探求したい、人が好き、地域が好き、旅が好き
・地域を超えた価値観で繋がる仲間づくりがしたい
・社会性の高い仕事をしたい
・地域や社会課題を解決する事業を生み出したい

 

MEMBERSHIP の詳細&お申込みはこちら
https://localletter.jp/membership/

地域おこし協力隊!後悔しないための自分の任務の見つけ方

地域おこし協力隊に興味がある方へシェアお願いします。

地域おこし協力隊に興味がある方へシェアお願いします。

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事