前略、ふるさとがもっと好きになるメディアです。

LOCAL LETTER

今年の冬、神様が最初に創った島に、世界中から「未来」を創る若者が集う!

DEC. 22

Awaji-island, HYOGO

昔々、イザナミとイザナギという日本を創った神様がいました。

そんな人の神様が愛を込めて、最初に生んだ島が兵庫県にある「淡路島」。万葉の時代から変わることのない海原と、その恵まれた大地から  御食国  と呼ばれているこの島に今年の冬、世界19ヵ国・地域から優秀な若者や社会起業家が集います!

2017 12 1 日(金)、世界各国から集まった若者が、それぞれの多様な価値観と知識・経験のもと、新たな産業の創造や地方創生の実現を目指すプログラム『Awaji Youth Federation(淡路ユースフェデレーション)』が開始しました!

今回のプログラムでは、政治家、経済学者、教授など幅広い分野で活躍する竹中平蔵氏や日政策研究大学院大学名誉教授である黒川清氏など、日本を代表する一流の専門家・有識者らによる講義のほか、分野別指導員による指導体制を用意しており、プログラムの期間は1 年間。

プログラム終了後には「地方創生」「起業・ベンチャー」「文化創造」を柱に、参加者自身の起業計画や地域課題解決の成果発表会を実施するほか、パソナグループのグローバルネットワークを活かして、国際関連機関・国内外の企業への就業サポートや起業を目指す方の支援なども行われます。

2017 12 4 日(月)に開催された開講式では、各国の民族衣装などを身にまとったフェロー28名が全員参加。当日は全て英語のみの進行で行われ、フェローが自国にて撮影した自己紹介動画が流れる等、グローバル感あふれる会となりました。

代表で挨拶を述べたオランダ出身のフェローは、「私たちは自身の成長に責任を持ち、そのための最高の環境を整えていただきました。私たちは現状に甘んじることなく、常に自分自身、そして自身の仕事と結果をより良くしていくという精神と、まわりの人々や生き物・自然へ心からの思いやりをこのプログラムに込めていきたいと願っています(日本語訳)」と今後の意気込みを語りました!

パソナグループがこの事業を通じて目指すのは、「淡路島からグローバルな視点で新たなイノベーションを創造する社会起業家の輩出」と、「日本の地域産業を活性化させる共創イノベーションの実現」

神様が最初に創った淡路島で、これからの日本を、世界を、未来を創っていく若者が、一堂に集まる1年間。この島で起こる化学反応の行方は誰も予想できません!ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

Awaji Youth Federation」概要

【目的】
次世代を担う若者が淡路島に集い、自由闊達に学び、議論を交わすことで新産業を生み出す人材を育成する

【対象】
・四年生大学、大学院を卒業した方
TOEIC700 点以上または同等の英語力
・次の8つの専門分野のいずれかに造詣が深いこと
 
 1. 食・農業 / 2. 音楽 / 3. 健康・スポーツ / 4. アニメ・漫画 / 5. 教育 / 6. アート・工芸 / 7. IoTAI / 8. 観光

【期間】
1
年間

【人数】
28  

【内容】
兵庫県淡路島にて、個人及びチーム毎に「地方創生」「起業・ベンチャー」「文化創造」に関わるミッションを掲げ、新規事業の立ち上げや地域活性に繋がる活動を行う

【研修(全て英語)】
・チーム学習法「アクションラーニング」
・専門家・有識者による講義、分野別指導による助言・指導
・パソナグループの地方創生プロジェクトへのOJT
・出身国・地域出身のメンターによる日常生活相談
・世界特許取得「Feelnote®を利用。活動のアーカイブ化、ポートフォリオ作成、外部への情報発信

希望者には、パソナグループのグローバルネットワークを活かして、国際関連機関・国内外の企業への就業サポートはもちろん、淡路島での起業を目指す方の支援も実施

【アドバイザリーボードメンバー (敬称略)】
下記メンバーは基調講演等に講師として参加します

・竹中平蔵(議長)株式会社パソナグループ取締役会長
・黒川清(学長) 政策研究大学院大学名誉教授
・明石康     元国際連合事務次長 / 公益財団法人国際文化会館理事長
・松浦晃一郎   元国際連合教育科学文化機関事務局長 / 一般社団法人アフリカ協会会長
・山崎達雄    元財務省財務官
・近藤誠一    近藤文化・外交研究所代表 / 元文化庁長官
・薮中三十二   立命館大学特別招聘教授 / 外務省顧問 / 大阪大学大学院国際公共政策学科グローバルリーダーシップ特任教授
Gerald L.Curtis   コロンビア大学名誉教授
Kent E. Calder    ジョンズ・ホプキンス大学教授 ライシャワー東アジア研究所所長
・大島賢三    元国際連合事務次長 / 一般社団法人アフリカ協会理事長
・立岡恒良    元経済産業事務次官
・小笠原敬承斎  小笠原流礼法宗家
・紫舟      書家

【プロジェクト運営責任者】
・学長代行 大高英昭(パソナ 副会長 / 北米トヨタ自動車元社長)
・理事長 青田朱実(パソナグループ 執行役員 / Pasona Education Co. Limited 社長)
・専務理事 正宗エリザベス(パソナグループ 顧問 / 在日オーストラリア大使館元公使)

【お問い合わせ】
株式会社パソナグループ 淡路ユースフェデレーション事務局
TEL
0799-86-0371

引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000272.000016751.html

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事