前略、100年先のふるさとを思ふメディアです。

LOCAL LETTER

地域おこし協力隊は3年で起業できるのか?人脈ゼロで福島に移住した協力隊の本音

OCT. 18

拝啓、東京での生活に違和感はあるけれど、地域での仕事のイメージや暮らしに不安があるというアタナへ

今回取材したのは、「ローカルでお金を稼ぐと言っても、いきなり売上を作っていくことはハードルが高い」と感じ、3年後の起業を前提に活動する「地域おこし協力隊(以下、協力隊)」を選んだ、大類日和(ひより)さん。

大類 日和(Hiyori Orui)さん 株式会社火種 代表取締役 / 群馬県富岡市出身。おじいちゃんの家が、群馬県南牧村という、日本で一番最初に消滅すると言われている村にあり、幼少の時から地域のあり方について考えている。日の目を浴びない地域の人々と、そこを輝かせるきっかけを作るために奮闘中。
大類 日和(Hiyori Orui)さん 株式会社火種 代表取締役 / 群馬県富岡市出身。おじいちゃんの家が、群馬県南牧村という、日本で一番最初に消滅すると言われている村にあり、幼少の時から地域のあり方について考えている。日の目を浴びない地域の人々と、そこを輝かせるきっかけを作るために奮闘中。

3年後の起業を前提に、と言いつつも、協力隊になる前から「当初、自身が3年間で起業をするのは難しいのではと感じていた」と話す、大類さんが、実際に起業を遂げるまでのステップ、地域のサポートはどんなものだったのか?

挑戦したいことはあるけれど、今の環境を変えてみたいけれど、足踏みをしてしまっている。そんなアナタに向けて、オンライン説明会も開催!

まずは、実際に地域メンバーやサポートしてくれるメンバーと直接話してみてはいかがでしょうか?

移住のきっかけはご縁。起業の不安を断ち切ったのはサポーターの存在。

協力隊になる以前は、群馬と東京に拠点を置くWeb制作会社でデザイナーとして仕事をしていたという大類さん。2018年に協力隊として福島県田村市に移住します。

「田村市には縁もゆかりもありませんでした。特に行く場所を決めていたわけではなかったので、面白そうだよと言われ、これも何かの縁だと思ったくらい。僕自身、大学卒業後にWeb制作会社で働いた経験しかなかったので、正直、協力隊として活動する3年間で起業をするのは難しいとも思っていました」(大類さん)

そんな大類さんにとって素敵なご縁につながったのが、田村市で活動する一般社団法人Switchの存在。

代表理事である久保田健一さんは、田村市出身。広告代理店を経て、同市に戻りオフィスを構えクリエイティブ制作会社を設立。そして、「好きな生き方ができるまち」を目指して地域課題解決や地域づくりを行う一般社団法人Switchを立ち上げました。

久保田 健一(Kenichi Kubota)さん 一般社団法人Switch 代表理事、株式会社Shift 代表取締役 / 1982年福島県田村市生まれ。デザイン系専門学校卒。一般社団法人Switch 代表理事 兼 株式会社Shift 代表取締役。広告代理店(ブラック...)にて約15年間、企画・制作に従事し管理職を務める。震災や原発被害、自身の経験から、故郷である福島県田村市に目を向け、2018年より地元田村市に「まちづくり法人(一社)Switch」「クリエイティブ企画・制作会社(株)Shift」を設立。廃校を活用したテレワーク拠点「terrace ishimori(テラス石森)」の立ち上げ・自走化をはじめ、地域での生業・プレーヤー創出、魅力づくり、地域課題解決等、現在も田村市にて仕事(生業)・人材創出による「楽しめるまちづくり」に取り組んでいる。
久保田 健一(Kenichi Kubota)さん 一般社団法人Switch 代表理事、株式会社Shift 代表取締役 / 1982年福島県田村市生まれ。デザイン系専門学校卒。一般社団法人Switch 代表理事 兼 株式会社Shift 代表取締役。広告代理店(ブラック…)にて約15年間、企画・制作に従事し管理職を務める。震災や原発被害、自身の経験から、故郷である福島県田村市に目を向け、2018年より地元田村市に「まちづくり法人(一社)Switch」「クリエイティブ企画・制作会社(株)Shift」を設立。廃校を活用したテレワーク拠点「terrace ishimori(テラス石森)」の立ち上げ・自走化をはじめ、地域での生業・プレーヤー創出、魅力づくり、地域課題解決等、現在も田村市にて仕事(生業)・人材創出による「楽しめるまちづくり」に取り組んでいる。

協力隊となった大類さんは、久保田さんに伴走してもらいながら、Switchのメンバーとともに、まちづくり活動やWeb制作のスキルを磨き、起業準備を進めていくことに。

田村市に来るまでは、Web制作のスキルはまだまだ発展途上にあったと振り返る大類さん。Switchで3年間、みっちり実践的にデザインの勉強ができたことが、起業への後押しに大きく繋がっています。

単身で見知らぬ地域に飛び込んでいき、なんとかできる人ってそれほど多くはいないと思います交流そのものは苦手ではなかったですが、Switchさんが市役所の人を紹介してくれたり、人をつなげてくれたりとサポートがあったからこそ、任期を終えたあとも『もう少し田村市でやってみたいな』と思えたんです」(大類さん)

起業のサポート体制を用意。好きなことに挑戦しやすい環境があるまち。

今回の起業型地域おこし協力隊についても、起業に向けた事業づくりなどのサポートをSwitchが担います。

「田村市の協力隊は『好きなことがしやすい環境が整ってきてますよ』」と話す久保田さん。ご自身も、都内で実績を積んだのち、田村市で起業したからこそ、ようやく土壌が整ってきていることを実感されています。

「これまでの田村市は都心ではないから、活躍できるフィールドが少ないとされてきました。Switchは少なからず地域に可能性を見出してやれる人が増えるようサポートしています」(久保田さん)

地域で自分のやりたいことを進める中で出てくる悩みは、きっとあるはず。Switchはこれまで、まちの中でいろんな人たちと関わってきたのを活かし、協力隊がまちの中でやりたいことがあった時に、地元の人たちをつなげることや現場での悩みなどをフォローするサポート役を担う、心強い存在です。

いきなり「地域で起業・移住」に抵抗があるなら、まずは説明会へご参加を。

すでに地域に馴染んでいる大類さんですが、最初はもちろん苦労もあったのだとか。

「高齢の方と話すと方言が強くて、時々なにを言っているのか聞き取れないことが大変でした(笑)。単独でいきなり田村市でデザイナーとして仕事を成り立たせるのは難しかったと思いますが、今はなんとなく地域に受け入れられている実感が得られたので、この地に残ってもいいなと思えています」(大類さん)

「今の田村市には、新しい活動の風を吹かせていくことが必要だと思っています。その上で僕自身は、長い目で見て、地域にだんだんとハマっていけるようにしていけばいいよね、というスタンスで協力隊に接していきたいと思っています」(久保田さん)

田村市で起業するための体制が整ってきたいま、田村市で協力隊からはじめてみるという選択は、起業や何か始めたい人にとっては、チャンスかもしれません。

とはいえ、やはりいきなり「田村市で起業・移住」に抵抗感や不安を持つ方も多いはず。そこでまずは、田村市や田村市にいる人たちのことをもっと知っていただくためのオンライン説明会をご用意しました!

最初の一歩は重たく考えず、まずは一歩、話を聞いてみるところから。この機会に踏み出してみてはいかがでしょうか?

オンライン説明会の概要

■日時・場所
① 10/20(木)19:00~20:30 @オンライン
② 10/22(土)13:30~15:00 @オンライン

■当日の流れ
・プロジェクトの概要(地域おこし協力隊とは?)
・田村市での協力隊活動について
・協力隊OBOG / 協力隊サポートメンバー「Switch」のパネルディスカッション
・質疑応答
・1泊2日現地ツアーのご案内

■参加費
無料

■お申込み
①と②でお申し込み先が異なります。それぞれ希望の日程にて以下ボタンよりお申込みください!

Editor's Note

編集後記

地域にも人にも相性があるからこそ、まずは知ってみるところから。ぜひこの機会にオンライン説明会へ参加してみてはいかがでしょうか??

田村市で一緒に挑戦してくれるメンバーを募集中です!

田村市で一緒に挑戦してくれるメンバーを募集中です!

田村市で一緒に挑戦してくれるメンバーを募集中です!

Related
Articles

あわせて読みたい

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事