前略、ふるさとがもっと好きになるメディアです。

LOCAL LETTER

【8/23開催】全国30箇所以上の産学官から50名以上のスピーカーが集結!地域経済をともに動かす起業家のためのサミット「SUMMIT by WHERE」

JUL. 21

JAPAN

前略、経済性と社会性の両立を目指した事業に取り組んでいるアナタへ

2020年8月23日(日)。
本 LOCAL LETTERを運営する株式会社WHEREが、新たな挑戦への扉を叩きます

これまでコミュニティデザインを軸にテクノロジーを活用し、地域との接点である観光、移住、関係人口の創出から地域資源を活かした事業創造までプロデュースしてきたWHERE。

2020年10月21日で創業6年目を迎えるにあたり、これまでWHEREが培ってきた繋がりと、そこから生まれる新たな繋がりを元に、あらゆる分野で地域経済に携わる、業界のトップランナーの方々を総勢50名以上お招きし、共通のテーマに沿って本気で議論を行うサミット「SUMMIT by WHERE」を初開催します。

個人、地域の枠を超えて、地域経済を動かすシーンをともに創る「SUMMIT by WHERE」

SUMMIT by WHEREのコンセプトは、「個人、地域の枠を超えて、地域経済を動かすシーンをともに創る」。

日本全国の第一線で地域経済を動かす経営者、行政の首長、スーパー公務員の方々、大学教授など、総勢50名以上のスピーカーをお呼びし、スピーカーと参加者がお互いの叡智と人脈を交換し、学び、協働といったさらなる地域への変化が生まれることを目的に開催します。

私たちはどこに向かっているのか?

そんなひとつの問いから人脈ゼロ、実績ゼロで始まったWHERE。弊社代表の平林が1年半家なしで地域を巡り、がむしゃらに走り続けてきた5年間。ひたすら地域に足を運び、現場を共に走り回り、多くの方の応援と協力によってプロジェク数は延べ130を超え、自分たちはもちろん、人と地域、地域と企業の繋がりをつくってまいりました。

そんな中、社会の状況も目まぐるしく変化し「持続可能」という言葉が社会に溢れる一方で、国や地域、地域と企業など、様々なところで分断がますます進んでいることも同時に感じています。

ですが本来、個人も、企業も、地域も繋がっている。そのことを理解している私たちだからこそ、同じ景色を描きつつ対話を重ねることで分断を統合し、地域経済を動かすシーンを生み出すことはできないだろうか

またひとつ新たに生まれた問いから、真の持続可能性へ強烈な個性と集合体で挑戦します。

日本全国で地域経済を動かすSUMMIT by WHERE スピーカーの皆様をご紹介

今回のSUMMIT by WHEREは、1部と2部で「スピーカーセッション」と「スピーカー、および、参加者の大交流会」を予定!

1部のスピーカーセッションでは、あらゆる分野から地域経済に携わる専門家、業界の第一線で活躍する方々がこの日のために各地からオンラインで集結。朝9:30より、10を超えるセッションを通じて、スピーカー同士はもちろん、参加者とも学びをシェアしあいます。

スピーカーの皆様からも続々と嬉しいお声や意気込みをいただいています!(一部抜粋)

▼ セッションテーマ、スピーカー

・多様化する次世代型農業
 ∟ スピーカー:齋藤 潤一氏(こゆ地域づくり推進機構代表理事)、井本 喜久氏(一般社団法人The CAMPus代表理事)、松本 純子氏(農林水産省)、福嶋 隆宏氏(埼玉県深谷市役所 産業ブランド推進室 室長補佐)、【モデレーター】鈴木高祥氏(株式会社カゼグミ 代表取締役)

・産学官の社会連携の課題と可能性
 ∟ スピーカー:米田 惠美氏(米田公認会計士事務所 所長)、山下 翔一氏(株式会社ペライチ取締役会長)、石山 アンジュ氏(社会活動家)、秋田 大介氏(神戸市役所企画調整局つなぐ課特命課長)、【モデレーター】川那 賀一(DMM.com 地方創生事業部 / ソーシャルアーティスト)

・自治体 x AIの経営インパクト
 ∟ スピーカー:樋口 宣人氏(Fracta 日本法人代表)、出口 岳人氏(国土交通省 半島振興室長) 、太田 直樹氏(株式会社New Stories 代表)、【モデレーター】平林 和樹(株式会社WHERE 代表取締役)

・公務員をハックする!キャリアと働き方
 ∟ スピーカー:山田 崇氏(塩尻市役所 地方創生推進係長)、守時 健氏(punctual inc.代表取締役)、井上 貴至氏(内閣府 地方創生推進事務局)、田中 佑典氏(総務省 / 一般社団法人Public Meets Innovation理事)、【モデレーター】黒瀬 啓介氏(LOCUS BRiDGE代表)

・オンラインとオフラインで地域コミュニティはどう変化するのか?
 ∟ スピーカー:田端 将伸氏(埼玉県横瀬町役場 まち経営課)、坂本 大祐氏(合同会社オフィスキャンプ クリエイティブディレクター/代表)、渡邉 知氏(株式会社ファイアープレイス 代表取締役社長)、佐久間 智之氏(PRDESIGN JAPAN株式会社 代表取締役)、【モデレーター】田村 悠揮氏(複業家)

・地域資源の付加価値を高める事業創出
 ∟ スピーカー:山中 大介氏(ヤマガタデザイン株式会社 代表取締役)、藤野 英人氏(レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長・最高投資責任者)、林 篤志氏(一般社団法人 Next Commons Lab ファウンダー)、【モデレーター】高木 新平氏(株式会社ニューピース代表取締役社長)

・地域経済を動かす、シェアリング・エコノミーの育て方とは?
 ∟ スピーカー:佐別当 隆志氏(株式会社アドレス 代表取締役)、小池 克典氏(LivingAnywhere Commons 事業責任者)、高橋 邦男氏(こゆ地域づくり推進機構 執行理事)大瀬良 亮氏(株式会社KabuK Style Co-founder)、【モデレーター】澤田 哲也氏(ミテモ株式会社 代表取締役)

・越境教育の夜明け、あらゆる制限からの開放とは?
 ∟ スピーカー:岩本 悠氏(一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム代表理事)、内藤 賢司氏(ゼロ高等学院代表)、林 靖人氏(信州大学 総合人間科学系教授)、【モデレーター】三井 俊介氏(NPO法人SET理事長)

・幸福度を高める働き方と地域の関係性
 ∟ スピーカー:島田 由香氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社取締役 人事総務本部長)、吉田 基晴氏(株式会社あわえ代表取締役)、蒲原 大輔氏(サイボウズ株式会社)、【モデレーター】鈴木 哲也氏(ヤフー株式会社 / LOCOAssociation 理事)

・シティプロモーションの本質と影響力
 ∟ スピーカー:河尻 和佳子氏(千葉県流山市役所)、大垣 弥生氏(奈良県生駒市役所)、井上 純子氏(福岡県北九州市観光課)馬袋 真紀氏(兵庫県朝来市役所総合政策課)、【モデレーター】倉重 宜弘氏(ネイティブ株式会社 代表)

・自治体改革の実現に向けて、今、職員と組織に求められること
 ∟ スピーカー:小紫 雅史氏(奈良県生駒市 市長)、東 修平氏(大阪府四條畷市 市長)、上村 一郎氏(香川県東かがわ市 市長)、【モデレーター】加藤 年紀氏(株式会社ホルグ代表取締役 生駒市役所職員)

・自治体データ活用の今とこれから – 課題とチャレンジ –
 ∟ スピーカー:大屋 誠氏(ヤフー株式会社)、松浦 修一氏(西宮市政策局政策推進課 施設・まちづくり担当課長)、【モデレーター】平林 和樹氏(株式会社WHERE 代表取締役)

・グローカルで共感の渦と新たな財源を生み出す、持続可能な世界の作り方
 ∟ スピーカー:麻場 俊行氏(株式会社Freewill Founder & CEO)、元岡 悠太氏(株式会社トラストバンク 寄付文化デザイン部 部長)、【モデレーター】平林 和樹氏(株式会社WHERE 代表取締役)

※ 氏名は順不同
※ セッション内容、スピーカーは変更される可能性があります。
※ 詳細、及び最新情報はSUMMIT by WHEREのHPをご覧ください。

スピーカー、および参加者同士の大交流会のご案内

2部で予定している「スピーカー、および、参加者の大交流会」では、その名の通り、スピーカーセッション終了後の18:30から、スピーカーと参加者が交わった大交流会を実施予定!

オンライン上ではあるものの、一方的に学びを得るだけでなく、交流を通じてお互いにコミュニケーションをはかることが可能です。オンラインだからこそ、日本全国から参戦するスピーカー、および、参加者と交流を深めていただける時間をご提供します

※ 交流会は19:30に中締め、20:30会場クローズ予定

【8/23開催】 全国30箇所以上の産学官から50名以上のスピーカーが集結!地域経済をともに動かす起業家のためのサミット「SUMMIT by WHERE」

受付終了
2020年8月23日

【開催日時】
2020年8月23日(日) 9:30~19:30 (オンライン交流会含む)
※途中参加・退出は可能です。

【応募期間 / 方法】 
・応募期間:2020年7月15日~8月23日 9:30まで
・応募方法:
① 以下Peatixより必要事項を記入の上お申し込みください
 https://summitbywhere.peatix.com
② 記入いただいた内容をもとに簡単な審査がございます
③ 参加者向けのページから当日参加用のURLをご覧いただけます

【参加費に関して】
・セッション視聴+アーカイブ配信+交流つきチケット ≪限定300名≫
 セッション視聴 + アーカイブ配信 + スピーカー/参加者同士との交流が可能 /10,000円
・セッション視聴チケット ≪1,500名予定≫
 セッション視聴 /無料

300名限定のアーカイブ配信+交流つきチケットには以下のものが含まれます。
・全セッションのアーカイブ動画配信をみれる権利
・オンライン上で、休憩やランチ時間、交流会でスピーカー、及び参加者同士で交流できる権利
・参加者同士のFacebook非公開グループへ参加できる権利

今回、一部有料とさせていただいている背景は、
・サミットの継続的かつ健全な運営
・参加意欲が高く自身の取組に活かせる情報、人脈を培っていただきたいため
・信頼関係を前提とした共に学び合いや、協働が生まれる環境づくりとなります。

スピーカーの皆様も参加される皆様も、地域の可能性を確信して付加価値を高める事業に本気でコミットして信頼と実績を積み上げている方々です。そういった方々のセッションや人脈が1日を通じて体験できることが本サミットの価値です。この価値を理解したうえでぜひとも奮ってご参加いただければ幸いです。

また、運営チームにて様々な検討をおこない今回の参加費は全額、令和2年7月に発生した九州豪雨災害への寄付を予定しています。

私達、WHEREは小さな会社であり、正直なところ資金が潤っているわけでもありません。有料にてチケットを販売している背景も上記に記述したとおり本サミットの健全な運営が一つの理由です。

だだし、今年は皆さんも知っての通り新型コロナウイルスが猛威をふるい、豪雨災害の被害も地域に関わるものとして目の当たりにしてきました。本サミットのコンセプトである地域経済を共に動かす起業家のためのサミット」に立ち返ったとき参加費を全額、寄付することを決断いたしました。

次回以降どうするしていくかはわかりませんが、私達が信じる行動をしていきたいと思います。ご理解いただけましたら幸いです。

今回、豪雨により被害を受けられた皆様やご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

※豪雨災害は様々な地域でおこっていますが、全ての地域に寄付できるわけでもありません。運営会社の判断によって寄付先は決めさせていただくことご理解ください。

【キャンセルに関して】
お申込みをキャンセルされる場合は、必ず株式会社WHEREまでご連絡ください。ご返金の対応は以下のとおりです。
<イベント8日前まで>振込手数料を差引き振込みにて全額ご返金いたします。
<イベント7日前から前日まで>参加費の30%+消費税と振込手数料を差引き振込みにてご返金いたします。
<イベント当日>全額返金なしになります。
※弊社都合によるイベントの中止、順延によるご返金の場合は、振込手数料の差し引きはございません。

【そのほか、注意事項等】
目的に沿った安心安全な場を運営するために以下の注意事項をご確認ください。
・イベントの撮影・録音・録画などの記録行為は一切禁止とさせていただきます。
・過度な営業行為を禁止いたします。
・宗教活動等への勧誘行為、ナンパ行為、暴力行為等をはじめとする迷惑行為を禁止いたします。
・天災、出演者の病気、事故、交通機関の不全、設備不良等の止むを得ない事情により、運営側の判断によって、イベントの中止、もしくは延期、実施日時・内容等を変更する場合がございます。なおこれらの場合でも、商品代金の返金ができない場合がございますので、ご了承くださいませ。
・参加権利の転売は固くお断りいたします。参加権利の転売により購入されたチケットのトラブルについては、一切の責任を負いません。
・お客様全員がイベントを楽しんでいただけるよう、スタッフの指示には必ず従ってください。スタッフの指示及び注意事項に従って頂けない場合、ご参加をお断りする場合や、イベント自体を中止することがあります。
・お客様がご利用になられるデバイスの不具合や通信トラブルによる、払い戻しはいたしません。

【協賛企業・メディアパートナー】
❏ 協賛企業
ヤフー株式会社

❏ メディア
TURNS / Nativ.media / 地方公務員オンラインサロン by HOLG

❏チケット
Peatix

【主催】
株式会社WHERE

【その他、お問い合わせ】
株式会社WHERE(高山)
MAIL: cs@where.inc / TEL:050-3786-9041

Editor's Note

編集後記

株式会社WHEREは、2020年10月21日で創業6年目を迎えます。創業当初は人脈ゼロ、実績ゼロで、社長が1年半家なしで地域を巡るところからスタートしたWHEREが、こんなにも多くの方にご賛同・ご協力いただき、挑戦できていること自体がすごく、すでに泣きそうです。

登壇者、参加者、運営メンバーが、当初の想定以上に多くなっており、幸せと緊張で震えも止まりません。心配性な私は楽しみと心配を行ったり来たりし続けながら、走ります。(笑)

参加者としての形はもちろん、スタッフとしてなど、関わり方もたくさんありますので、ぜひご自身のスタイル・ご希望にあった形で参加してみてくださいね!

「SUMMIT by WHERE」の応援をよろしくお願いいたします!

「SUMMIT by WHERE」の応援をよろしくお願いいたします!

「SUMMIT by WHERE」の応援をよろしくお願いいたします!

Related
Articles

あわせて読みたい

LOCAL LETTER Selection

LOCAL LETTER Selection

ローカルレターがセレクトした記事